記事
  • ロイター
  • 2021年05月27日 07:51 (配信日時 05月27日 10:20)

日豪印との「クアッド」会合、今秋にも対面で=米アジア担当官


[ワシントン 26日 ロイター] - 米国のインド太平洋調整官カート・キャンベル氏は26日、「クアッド(QUAD)」と呼ばれる日米豪印4カ国の枠組みで、インフラに焦点を当てた対面の首脳会談を秋に開催することを検討していると明らかにした。

クアッドは3月、オンラインで初の首脳会談(サミット)を開催し、新型コロナウイルスワクチンの配布や気候変動問題、安全保障分野で緊密に協力することを約束した。

キャンベル氏は「今秋にクアッドの対面会合を開催したいと考えている。インフラに関して、より全般的に同様の取り組みを行いたい」と述べた。

また「ほかにもわれわれと協力したいと考える国々があれば、扉は開かれる」と述べ、他の国々がクアッドと協力することを歓迎する意向を示した。

スタンフォード大学ショレンスタイン・アジア太平洋研究センター主催のオンラインイベントで述べた。

クアッドは中国の影響力拡大に対抗する非公式な枠組み。3月の首脳会談では中国がもたらす課題に対処し、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け取り組むことを約束した。また、年内に対面方式で首脳会談を開くことを申し合わせた。

ホワイトハウスの当局者は、対面の首脳会談の詳しい日程や場所はまだ決まっていないと述べた。

キャンベル氏は中国に関し、一連の新たな戦略的要素が存在すると指摘。「関与政策と総称された時代は終わった」とした。

その上で今後の「支配的パラダイムは競争となる。われわれは、米国の最大の力を引き出す安定的かつ平和的な競争にすることを目指している」とし、懸念が生じる時期もあるだろうと続けた。

米国が構築に関わったアジアの「基本体制」は変化していないが、中国の台頭で「かなりの緊張が生じている」と指摘。

「さまざまな形で再活性化が必要で、米国だけでなく、体制を活用する日本、韓国、オーストラリアやアジアなどで活動を増やしたい欧州の国々が主体となる必要がある」とした。

また、米国のアジア関与について「前向きな経済ビジョン」を持つ必要性に言及。経済戦略はアジア側が期待しているもので、それなしには成功が難しくなると説明し、「クアッドについてわれわれは意欲的だ」と語った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  4. 4

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  5. 5

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    「まだ気を緩めるな」マスコミや専門家はいつまで"コロナ禍"を煽り続けるのか

    PRESIDENT Online

    06月23日 15:11

  10. 10

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。