記事

戦略的人生を生きている人の特徴

今日の横浜北部は雲が多めですが、時おり日も見える寒い朝です。

さて、戦略の階層について昨日某所で質問されたので、それに答える形でひとつ。

おかげさまで「戦略の階層」CDが好評でして、多くの方から個人的にも反応をいただいております。本当にありがたい。

そしてお聞きになった方からよく出てくるトピックが、「戦略的人生」と「戦術的人生」の違いについて。ここは非常に重要なので、あらためてブログでも解説する必要があるかと。

まず「戦略の階層」に自分を当てはめて考えた時に、戦略、それも大戦略以上のレベルを意識して生きているという人というのは、基本的にその生き方が「充実」しております。

しかもこれは「社会的ステータスや年収とは関係ない」という点がミソでして、社会的な体面とは関係なく、本人がその人生を納得して生きているかどうかという「心の内面の充実度」に極めて強い関連性があるのかと私は考えております。

そしてこのような生き方をしている人を、私は「戦略的人生を生きている人」(マスター)と呼んでいます。

ではその反対に、「戦術的人生を生きている人」(奴隷)というのはどういうことかというと、基本的に状況対処や問題解決というリアクションのみで生きている人で、あえて言えば「“やらされている感”が強い人生」を生きている人なのかなと。

しかも驚くのは、社会的地位の高い人や年収の高い人にも意外にこのタイプが多いということ。

このような人たちは、基本的に外から見ていると全く問題がないように見えますが、実は内面に強烈な矛盾を抱えていて、本当にやりたいことをやれていないストレスや、自分の人生をコントロールできていないフラストレーションが溜まっていることがあるわけです。

そうなると、彼らは生き方として(社会的体面やお金や自分自身の)「奴隷」となってしまい、結果的には不祥事を起してしまったり、家族をいじめたりして大きな問題を抱えてしまうわけです。

ところがこのような状態を脱出する方法はいくらでもあります。

一つは、リスクが非常に高いですが、「味わいつくす」こと。

多くの人はこのような大きな壁(不祥事やスキャンダルなど)に直面して壁にブチ当たるという厳しい実体験をしてから乗り越えたりするわけですが、まさにこのような「傷ついて学ぶ」のがわかりやすいアプローチ。

ところがこれはリスクが高く、人によっては性格が曲がってやさぐれてしまったりする危険も(苦笑

そういうわけでもう一つのアプローチ、すなわち他人の人生や本などから観察して「学ぶ」というパターンが必要になってくるわけです。ようするに人生上手くやるには、ある程度は教育や知識で難を避けたりすることができる部分がある、ということです。

私はどちらかといえば後者のアプローチを積極的に実行している者でして(笑)、幸運なことに身の回りにさまざまなパターンを観察するチャンスが多かったため、色々観察することができました。

もちろん数としては「戦術的人生」を生きている人のほうが圧倒的だったわけですが、少ないながらも「戦略的人生」を生きている人もおりまして、私は彼らに非常に多くのことを学べたなぁと感じております。それが今回のCDに反映されていることは言うまでもありません。

そしてそれを受けて、やはり自分も「戦略的人生」を生きなければならないなぁ、と実感している今日このごろです。なぜなら彼らの人生は、本当に「充実」しているからです。

まあとにかく、どうせ生きるなら「奴隷」ではなく、やはり「マスター」として生きなければ損ですよね。という純粋な損得勘定の話でした。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  5. 5

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  6. 6

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  9. 9

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。