記事

朝日新聞の悪魔化語法ふたたび

トップ写真:朝日新聞東京本社(1994年2月1日) 出典:Bernard Annebicque/Sygma/Sygma via Getty Images

古森義久(ジャーナリスト・麗澤大学特別教授)

【まとめ】

・朝日新聞に、「悪魔化誤報」の実例が「天声人語」に再び登場。

・戦前の特高警察と名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人女性の死亡を結びつけて書いていた。

・朝日新聞は自らの敵への攻撃のために、無関係の2点を同一に重ねあわせている。

言論の世界での悪魔化」(demonization) とは、特定の相手をののしり、評判を貶めるために邪悪なレッテルを貼る語法のことである。その相手とその邪悪な存在とはなんの関係もないのに、両者を重複させて、相手を現実とは異なる悪魔のような存在にみせかける、という攻撃方法だともいえる。だからプロパガンダとも虚構の政治宣伝とも呼ぶことができる。

朝日新聞はこの悪魔化が大好きのようだ。そのためによく使う「悪魔」はまずナチスである。その次には戦前の日本軍国主義のようだ。そんな実例をこのコラムでも何回も紹介してきた。

要するに、すでに悪の判定が下された過去の事例のレッテルを現在の人間や組織にべったりと貼りつける悪質な言語利用法である。だがその過去と現在の間にはなんのつながりも存在しない。卑劣な連結語法なのである。

朝日新聞にまたその実例が登場したので紹介しておこう。

つい先日の5月22日、朝日新聞の朝刊1面のコラム「天声人語」の記述である。

まず冒頭に以下の文章があった。

<戦前の特別高等警察、略して特高は反体制運動を弾圧した。治安維持の名の下、捕らえた人の扱いは熾烈をきわめた。プロレタリア作家小林多喜二を拷問して死に至らしめたのは有名な話だ>

この記述の後に特高も当時は国内の治安維持という主要任務の延長として入国管理的な仕事をすることもあった、という趣旨の記述があった。

そしてその原文は以下のように続いていた。

<もしやかつての体質を引きずっているのではないか。そう思わせる現代の入管である。名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人女性サンダマリさん(当時33歳)の死亡した衝撃はあまりに大きい>

「かつての体質」というのは特高の体質という意味である。

そして上記の文章の後に続くのは、いまの入国管理局に対する批判だった。その批判の土台は「いまの入国管理当局は特高と同じ」という悪魔化による大前提だった。

2021年の日本国の入国管理局と1930年の大日本帝国の特高とどんな共通点があるのだろうか。1933年に起きた作家、小林多喜二の死が拷問の結果だとしても、そのことが今回のスリランカ人女性とどんな関係がある、というのか。百歩、譲って、もし万が一、この女性の死が拷問死だったとしても、戦前の特高となにか関係でもある、というのか。要するにみな筆者の思い込みが基盤となる主張なのである。

この朝日新聞記事は冒頭で特高を悪逆非道の組織、つまり悪魔の組織として断定し、それから80年後の日本の入国管理局がその特高の「体質を引きずっている」と断ずるのだ。だがその証拠はなにも提示されない。

そもそも戦前の日本の体制下でのプロレタリア作家の「拷問死」を現代の日本のスリランカ女性の死と重ねるという発想は、あまりに一方的、主観的で情緒的にすぎる。

まず第一に、スリランカ女性の死の詳しい事実関係はわかっていない。だが80年前の日本人作家の死と同じだとの勝手な推定が全面に押し出される。

第二には、80年前の特高と現在の入国管理局が同じ体質を持つという推定の根拠もなにも提示されていない。

特高の最大任務は日本国内の治安の維持だった。一方、いまの入国管理局にはそんな任務はない。英語の表現を借用するならば、リンゴとオレンジを混ぜているようなものだ。

要するにこのコラムは本音として「いまの日本の入国管理局は戦前の特別高等警察と同じ体質だ」と断定しているのだといえる。だがその客観的な証明は記されていない。筆者がただそう思うから、そう書く、という次元の記述なのである。日本の入国管理局の名誉を棄損することともなりかねない。そもそも戦前の日本と現在の日本との根幹での相違を無視しているのである。

朝日新聞はこの悪魔化筆法ではよくナチス・ドイツを使ってきた。ヒトラー独裁下のナチス政権のユダヤ人大虐殺に始まる蛮行は、戦後の世界では悪魔に等しい邪悪の行動として定着してきた。

朝日新聞は自分たちの敵、たとえば安倍晋三政権の政策や人物をそのナチスのどこかに結びつけて、「ナチスに等しい」「ナチスと同様の」と頻繁に断じてきた。今回はナチスのかわりに日本の特高警察が使われたのだ。

今回のスリランカ女性の死は当然ながら悲劇である。起きてはならない出来事だったともいえよう。だがその死について考えるときに、80年前の日本人プロレタリア作家の死と重ねあわせる、というのは異様である。その連結にはなんの根拠もない。

いまと80年前とでは日本も、世界も、そこで生きる人間個人も、その個人を扱う政府のあり方もみな大きく異なるのだ。

朝日新聞はそれらの現実を無視して、ひたすら自らの敵への攻撃のために、無関係の2点、2件を同一に重ねあわせているのである。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  4. 4

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  5. 5

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  6. 6

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  7. 7

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  10. 10

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。