記事
  • ロイター
  • 2021年05月26日 10:35 (配信日時 05月26日 10:26)

米航空業界、夏の旅行増加に備える 政府は入国制限緩和も検討


[アーリントン(バージニア州) 25日 ロイター] - 米国の航空会社や関連機関は、今夏に国内旅行が増加することに備えて態勢を整えている。一方、米政府は海外からの入国制限を緩和するか検討を続けている。

25日の米国株式市場では、アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空の株価が上昇。経営陣が、観光旅行の需要回復が加速していると指摘したのを好感した。

デルタのグレン・ホーエンスタイン社長は業界のイベントで「需要回復のペースに非常に満足している」とし、「予約は予想以上に好調だ」と述べた。

空港利用者が増加する中、米運輸保安局(TSA)は1月1日以降に職員を3000人増員したが、ピーク期の7月4日までに1000人を追加採用する計画だ。

TSAによると、23日に米国内の空港の保安検査場を通過した人数は186万人で、2020年3月以降で最多となった。

こうした改善の背景には、新型コロナウイルスワクチンの接種進展や、従業員の出勤・出張の再開に備える企業の動き、国境を再開する国の増加などがある。

一方、米政府は欧州の大部分と南アフリカ、インド、中国、イラン、ブラジルからの外国人の入国をほぼ全て禁止しており、旅行業界団体からは制限緩和を求める声が上がっている。

マヨルカス米国土安全保障長官は記者会見で、政府は「海外との往来再開の時期を決定する上で、事実とデータ、科学に従い、毎日検証を行っている」と述べた。

当局者がロイターに明らかにしたところによると、バイデン政権はこの問題について広範な議論を行っているものの、決定には至っていない。

業界関係者は、バイデン大統領が早ければ6月にも英国とアイルランドを対象に制限を緩和する可能性があるとみている。両国では新型コロナ感染者が減少している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  8. 8

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。