記事

なぜ戸建ては売れないのか、タワマンは有利なのか。不動産のプロが教える「失敗しないマイホームの処分と相続」

1/2

割高でもタワマンにはメリットあり(時事)

 老後のため、あるいは子供のために元気なうちに終活や身辺整理をしておくのは、いまや「親のたしなみ」のように言われる。子供世代もそれを望むケースが多い。親が亡くなる頃には子供も高齢者というのが当たり前の長寿社会ならではの「ニュー・ノーマル」かもしれない。しかし、そのなかでも最大の懸案である「実家の処分」には様々な落とし穴があるから慎重に進めることが大切だ。『週刊ポスト』(5月24日発売号)では、「子供のため」を思った気配りが大失敗する理由と対策を特集しているが、特に老齢になってから不動産を売却したり、住み替えたり、アパート経営を始めたりすることのリスクを警告している。

【写真】夢のマイホームが「資産価値なし」と査定される恐怖も

 何が「貧乏父さん」の原因になるかは本誌特集に譲るが、同特集でアドバイザーとして登場している住宅ジャーナリストの榊淳司氏に、改めて「売れるマイホーム、売れないマイホーム」と、「タワーマンション節税」のキモを聞いた。

 * * *

 団塊前後の世代が買った「夢のマイホーム」が今の時代には資産価値がほとんどなくなってしまったという話はよくあります。6000万円で買った家が、いざ売ろうとすると500万円の価値もないといったケースで、相続した子供が処分に困ることは多い。

 不動産といえど、その価値は需要があるかないかで決まります。例えば、かつて東京郊外の拠点駅からバスで20分くらいのところに50戸ほどのミニ開発タウンがたくさん作られましたが、バブル時代にはそれが6000万円もしたわけです。買った当時はお父さんは働き盛りで都内に1時間以上かけて通勤し、お母さんは地元で子育てやパートに忙しい。やっと子供が独立し、ローンが終わってこれから余生を楽しみたいと思った頃には、場所が不便だからと子供や孫はめったに遊びにも来てくれない。そして近所を見渡せば空き家だらけになっていて、その規模のミニタウンの中古では、売ろうとしても買い手はまずいない。いくらでもいいから売りたいと言っていると500万円にもならない、というのは珍しくもない現実なのです。

あわせて読みたい

「不動産」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。