記事

お金持ちは「優先されるのが合理的」?運転マナーの悪い高級車が多いワケ

1/2

「優先されるのが合理的」と彼は言った

私には、ある知人がいる。

彼はとても聡明で外交的で行動的でポジティブでよい人間だ。――自動車に乗っている時を除けばだが。

Getty Images

彼は事業や投資業で大きな成功を収めた、いわゆるお金持ちである。所用で移動するさい、彼の運転する車に同乗させてもらったことがあった。いわゆる外国産の高級車である。

彼の運転は上手ではあったが、しかし他方であきらかに「傲慢」でもあった。黒く輝く大きな車体で周囲を威圧しながら、他の車にはけっして道を譲らず、むしろアクセルをさらに吹かしてどんどん追い抜いていった。横断歩道に歩行者がいたとしても一時停止することは絶対になく、そのまま加速してビュンと走り去ってしまうのだ(ご存知のとおりこれは道路交通法違反である)。

「もう少しゆっくり行っても良いのではないか。歩行者がいたら止まらないといけないわけだし」と、なかば諫めるつもりで私が提案したところ、彼はこともなげにこう答えた。

「こっちの方が時間当たりの生産性が高いのだからこれでいいんだよ。」

「自分が優先されたとしても、それは個人的に得をしたいってだけじゃなくて、社会全体で見たときにだって合理的なのだから問題ないと思う。」

――と。

ようするに、車を飛ばして自分の時間をわずかでも節約して多く確保することができたら、社会に提供できるリソースを生産する時間に回すことができるから、結果として自分を優遇することが、その他大勢にとっても旨味になって還元されるという理屈のようだ。

加速して他車を追い抜きまくり、横断歩道を渡りたい歩行者がいても無視し、1回のドライブで得られる結果が数分の「儲け」であったとしても、それが数十回あればやがては1時間になる。その1時間があれば、自分はその辺の人の何倍もの生産性を出せる、というのが彼の持論だった。

優秀な人間の時間を、みんなで尊重するべきか?

彼は「自分の時間当たりの生産性」をつねに意識していた。

ヒゲの永久脱毛に定期的に通っていたのだが、清潔感や美的センスのためではない。時間効率を上げるためである。「考えてみてほしい。男性は毎朝の髭剃りで、トータルではいったいどれだけの時間が毎年失われているのか。自分がヒゲ脱毛に行くのは、なにも清潔感を演出したいからではなくて、それよりも時間を買うためだ」――と。

彼は時間効率に徹底してこだわっていた。実際のところ、彼の年収はおそらく数千万円であり、彼の生産性を時間で割れば、その辺の人とは比較にならないことは事実だろう。たしかに彼にとって時間はほかの人よりも大事な資源に思えたとしても無理はない。

Getty Images

しかしながら、彼の主張は「優秀な人には時間を有効活用できるための特権をどんどん与えるべきだ」と言っているようにも聞こえる――と、私が尋ねると「そもそも特権や優遇を与えることのなにが悪いのかわからない」と彼は答えた。その方が全体としては合理的なのだから、そうしないのは賢明ではないし、そうすればするほど、生産性の低い人を社会が面倒を見られる余力もうまれるはずだ、と。

個人の損得にフォーカスするから「あの人はズルい」という感情が生まれるのであって、全体の厚生にフォーカスすれば「あの人のおかげでたくさんの税収があった、ありがとう」となるはずだという。つまりは「トリクルダウン理論」に近似した社会観を彼は持っていた。

そして私は、高級車に注意を払うようになった

インターネットでは特定の車種を指して「○○はヤバい」といった俗説があたかも公然の事実かのようにまかり通っているが、彼とそうした話をしてから、私は街を移動するときには高級車にこそ注意を払うようになった。結果的に、私はこれまでより安全に街を移動できるようになった。

街中で誰もが知っているようなブランド力を持つ高級自動車メーカーの車をみると、やはり大衆車とは違い、乱暴で傲慢な運転――標識があっても一時停止をしない、速めの速度で交差点に進入して右左折する、全赤(黄色から赤に変わって交差点すべての信号が赤になっているわずかな時間)に猛スピードで突破するなど――をする確率が明らかに高かったように見える。これは私の直感にすぎないというわけではなく、実際に海外の研究では「高級車ほど交通マナーを守らない傾向がある」ことが示されている。面白い調査をする人もいたものだ。

米ネバダ大学の研究チームは、道路を横断する歩行者に対する車の反応を調べるため、ボランティアに何度も道路を横断してもらい、その様子を撮影して、ドライバーの反応を観察した。その結果、歩行者のために減速するドライバーは、車の値段が1000ドル高くなるごとに、3%ずつ減っていた。

-----
CNN.co.jp『高級車のマナーの悪さ、米欧の学術研究で実証?』(2020年2月28日)より引用
https://www.cnn.co.jp/fringe/35149954.html

高級車に乗って「傲慢」な運転をする人びとはみな彼と同じように「自分の時間は他の人を差し置いてでも優遇されるべきだ」という価値観を(意識的かどうかは別として)内面化しているのだろうか。

Getty Images

世間一般で「金持ち」といえば「他者を出し抜くことに良心の呵責もない、性格が悪い人間だ」というイメージとともに語られることが多い。しかしながら、そのような直感的なイメージの因果の矢を反転させるような事実、すなわち「《金持ち》という状態がその人をあとから『いやな人間』に変えてしまう」ことを示す研究※1も数多く存在する。人の行動様式が状態を規定するのではなく、人の状態が行動様式にも影響するというルートも存在し、相互作用的に「金持ち」の人となりを(本人の恣意性にかかわらず)思いやりに欠けた状態にしていくというものだ。

※1:5 Ways Money May Be Costing Your Humanity | Savvy Psychologist- Quick & Dirty Tips(英語)

あわせて読みたい

「格差社会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。