記事

「“森喜朗体制”や菅政権を調査報道するという役割を放棄し、国民の不安を煽っている」五輪開催をめぐり猪瀬直樹氏がメディアに苦言

1/2

 東京都への緊急事態宣言について政府内に延長論も浮上する中、東京オリンピックの開幕まで2カ月を切った。

・【映像】カンニング竹山が猪瀬氏と激論

 一方、IOC=国際オリンピック委員会のコーツ調整委員長の「緊急事態宣言下で5競技のテスト大会が成功した。選手と日本国民の安全と安心を守るためのプランはすべて最悪の状況下でも機能した。したがって答えは(緊急事態宣言下でも開催は)YESだ」との発言に国民からの批判が集中。また、バッハ会長の「私たちはいくつかの犠牲を払わなくてはならない。選手たちは間違いなくオリンピックの夢を実現できる」との発言についてIOCは24日、「日本国民に向けたものではなかった」と釈明した。

 いま、オリンピックを開催する意義とはー。24日の『ABEMA Prime』では、東京都知事として大会招致活動に携わった作家の猪瀬直樹氏に生直撃した。

■「開催しなければ、日本は国際的な信用を失ってしまう」

 連日の報道に対し、カンニング竹山は「安全・安全にアスリートが競技をできるかという話が多いが、関係者やマスコミも世界中からくるわけで、その管理を本当にできるのか。招致した時には“おもてなし”と言っていたが、それだってどっかに行っちゃうことになる。状況が当時と全く変わっているのに、やる意味はあるのか」と疑問を呈する。

 これに対し猪瀬氏は「開催しなければ、日本は国際的な信用を失ってしまう」と主張する。

「我々が“やります”と手を挙げた時、スペインのマドリードとトルコのイスタンブールも手を挙げた。3者が約1年をかけてIOCに対して開催する意味などをプレゼンテーションして説得した結果、マドリードやイスタンブールを退けて東京が招致を勝ち取った。つまり、国際公約的なものを我々は引き受けたということだ。もちろん、この時点ではコロナになる状況が前提ではなかったが、もし我々がやらなかったら、“マドリードやイスタンブールでやるべきだった”となってしまう。

 さらに来年2月には世界の人が北京オリンピック開催の風景を見に行く、あるいはテレビ中継で見ることになる。そうなれば、“なんで東京はできなかったのか”と思われてしまう。確かに困難はある。しかし、これはある種の“目標管理”であり、前向きな意欲を見せる、そして困難を乗り越えてやりきるというのが、国際社会に対する我々の信頼の勝ち取り方ではないだろうか。そこで東京がコロナをどう克服するのか、それを見せることによって、日本が世界の流れを積極的にリードしていくということにもなると思う。

 それから、我々は招致する時に“おもてなし”と言った。例えば東京マラソンでは都庁の前に集まった3万5000人が服を着替えるが、脱いだ服が1万人のボランティアによって間違いなくゴールのビッグサイトに戻ってくる。そういうホテルのクロークのようなことを日本人はやれる。今回もみんなが頑張ればできると考えればいい」。

■「日本の感染状況、特別ひどいわけではない」

 この説明にカンニング竹山は「僕だってテレビを見て楽しむだろうし、感動もすると思う。しかしもう2カ月を切っているというのに、そのための受け皿ができてないんじゃないかと思うし、精神論のようになってしまっているところが無いだろうか。アンケートでも中止・延期論の人が増えているし、ボランティアの人たちの中にも、もう参加したくないとの意見もある。この状況下で、成立するのだろうか。“コロナに打ち勝った証し”と言っても、オリンピックはワクチンでも特効薬でもない。季節的には感染者数が再び増える可能性もある」と重ねて指摘する。

 すると猪瀬氏は「そういう疑問は僕もあるし、そこは大会組織委員会や政府がきちんと答えるべきだ。ただ、メディアのアンケートが“やる、延期する、やらない”というのも選択肢なので、どうしても“やる”が少なめに出てしまうが、“延期する”も含めると、50%以上いる。つまり半分以上はオリンピックに期待しているということだ。2年延期というのはそもそもありえないので、多くの人は何とか乗り切ってやろう、あるいは来年やればいいという考え方だと思う。そこはミスリードしないほうがいいと思う。

 そもそも今の世界の感染状況を見てみれば、日本の感染状況が特別ひどいわけではない。ワクチン接種が進んでいるアメリカでも100万人あたり76人の感染者が出ているが、それに比べても日本は少ない方だ。欧米から見れば、なんでこれだけの感染者数なのにやらないのかという疑問が出てくると思う。ほとんどの人はテレビで観戦するわけだし、大会期間中に1日500人のお医者さんが必要だというが、それくらい医師会が出せなくてどうするんだ」と反論した。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  7. 7

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    東京五輪へ猪突猛進…日本国民猛反発でもバッハ会長が自信満々でいられるワケ - 熊谷 徹

    文春オンライン

    06月17日 14:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。