記事

お小遣いの平均額、夫は3万53円、妻は1万9697円 「専業主婦でお小遣いがほしいと言えない」という人も

夫婦のお小遣い事情

UOCCは5月24日、「お小遣い制にしているかどうか、お小遣い金額はいくらなのか」に関する調査結果を発表した。調査は5月にネット上で実施した、20~60歳の既婚者500人から回答を得た。

「夫はお小遣い制」と答えた人は45.2%。また、「妻はお小遣い制」と答えた人は29.0%だった。

夫のお小遣いは妻より1万円も多い

回答者に小遣いの金額をどう決めたかを尋ねたところ、「話し合い」が74.9%と最多だった。次いで「妻の判断」(12.7%)、「夫の判断」(12.4%)と続いた。

また、家計のやりくりを行う人は誰かという質問に対しては「妻」が57.0%、「2人で一緒に」が29.6%、「夫」が13.4%という結果に。約6割が「妻」と答えた一方で「2人で一緒に」と答えた夫婦も3割ほどおり、夫婦関係の良さを感じさせる。

お小遣いの金額については、夫のお小遣い金額が平均で3万53円、妻のお小遣い金額が平均で1万9697円だった。夫のお小遣いの方が約1万円多かったが、これは夫の可処分額が多いわけではなく、出先のランチ代が含まれているからだろう。

お小遣いに対する満足度を聞くと、夫の満足度は「かなり満足」が7.1%、「まあまあ満足」が24.3%、「普通」が31.4%、「少し不満」が24.3%、「かなり不満」が12.9%だった。一方、妻の満足度は「かなり満足」が5.6%、「まあまあ満足」が29.6%、「普通」が30.6%、「少し不満」が32.4%、「かなり不満」が1.9%だった。

「かなり不満」を選んだ人の意見には

「夫または妻が浪費家で納得できない」
「専業主婦でお小遣いがほしいと言えない。言っても認められない」

といったものがあり、夫婦間でも小遣いをやりくりする難しさがうかがえる。夫婦できちんと話し合い、我慢や誤解のない家計のやりくりを目指したいものだ。

あわせて読みたい

「家計」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  8. 8

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。