記事
  • ロイター
  • 2021年05月25日 12:06 (配信日時 05月25日 11:57)

アップル・フォートナイト裁判終了、アップストア変更巡り判断へ


[24日 ロイター] - 米アップルのアプリ配信システム「アップストア」を巡り、反競争的だとして人気ゲーム「フォートナイト」の開発元エピック・ゲームズが訴えた裁判が24日、最終日を迎えた。

連邦裁判所のイボンヌ・ゴンサレス・ロジャーズ判事は、アップルのアップストア事業をどこまで変えるべきかについて、3時間にわたり両社の弁護士に質問を浴びせた。

同判事は先週、アップルがゲーム開発会社から得ている利益は「不釣り合いに見える」と指摘するなど、これまでにアップル側への審問で、同社が独占的な地位を乱用し、アプリ開発者に打撃を与えているというエピックの訴えの一部を受け入れる可能性を示唆している。

一方、24日にはエピックに対し、アップルに競合するアプリストアへのiPhoneの開放を強いることなく、懸念に対処する方法はないのかと質問。大きな変更であり、そうした変更はエピックにとって利益になると指摘した。

また、エピックが提案する変更では同社はアップルに対し何も支払わない可能性が高いとし、裁判を通じて懸念してきた点に言及した。

判事は、エピックの法廷戦術を主導し、全ての裁判に出廷してきたティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)が「収益を生み出すアップルの基本的な方法を攻撃している」とし、「(アップルが)全体的なエコシステムに恩恵をもたらすために利益を活用しているという主張は妥当だ」と述べた。

同時に、アプリ開発者がアップルのアプリ内課金システム回避策のマーケティングにiPhoneユーザーから収集した電子メールアドレスを利用することを禁じるアップルの規則など他の問題についても、判事は時折、疑問を投げ掛けた。

判事は「アップルが消費者に直接反映されない方法でそうした情報を隠しているのは反競争的と思われる」と述べた。

アップルの弁護団はこの日、エピックの要求が認められればアップルはアンドロイドのシステムとの差がなくなり、実質的に消費者の選択肢が減ると主張。「第三者のアプリストアを利用したければ、アンドロイド端末を購入すればいい。裁判で求められている救済措置はアップルに競争的な製品を市場から排除させるものだ」とした。

エピックの弁護士は、競合するアプリストアへのiPhoneの開放や開発者へのアプリ内課金システム利用義務付け禁止という昨年に訴訟を提起して以降主張してきた要求を繰り返した。

判事は4500ページに及ぶ証言を精査しなければならず、裁判の判断が下されるまでには数カ月かかる可能性がある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  4. 4

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  8. 8

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。