記事

【ホームデポ】、絶好調チェーンも10年で増えた店数11店舗!ストアアプリのディテールと?



■ウォルマートではアメリカ国内の店舗数が2年連続で減少した。チェーンストアとして成長してきたウォルマートにとって2年連続で店舗数が減少することはあり得なかった。

チェーンストアは店舗を増やしてこそ成長できたのだが、アマゾン・エフェクトの時代にはこういったチェーンストア理論が陳腐化している。

同じように大手チェーンストアで店舗数をほとんど増やさずに成長している企業がある。

ホームセンター最大手のホームデポは過去1年間、国内の店舗数が1984店から1987店と3店舗増やしただけだった。

既存店・売上高前年比は新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもりで2020年度(2021年2月期)は19.7%の大幅増加だった。

ホームデポの国内店舗数は過去10年で11店舗しか増えていないが、既存店ベースは10年連続してプラスになっている。

ホームデポは2005年度までは毎年、100店舗増やしていた。

リアル店舗のカスタマーサービスの強化やオムニチャネル化を拡大するため、2006年度以降から徐々に毎年の出店数を制限し、リーマンショック後の2010年度は同社初となるゼロ店出店となったのだ。

それ以降、ほとんど店舗数は増えていない。

前述のとおり既存店売上の成長は続いており、また高い粗利益率を達成している。この伸びを支えたのは年率で約20%の成長となっているオンライン販売だ。

2020年度のオンライン売上高は前年比86%の大幅増加で売上全体の14.4%にも達している。

コロナ前のEコマース成長率が約20%の増加で全体の10%弱だったことから、パンデミックがいかにホームセンターのオンライン売上を押し上げたのかが理解できるだろう。

ホームデポの売上高は前年比20%の増加となる1321.1億ドル(約14.3兆円)。オンライン売上高はすでに190億ドルとなり、1ドル108円換算で2兆円を超えているのだ。

オンライン売上高だけでも、日本の大手ホームセンターの売上高をはるかに超える規模となっている。

ホームデポでは急成長するオンラインがリアル店舗の売上を食っているということはない。ホームデポのオムニチャネル化での成功はボピス(BOPIS)で見ればわかる。

ホームデポでは店から宅配するボドフス(BODFS:Buy Online Delivery From Store)やネット購品を店でピックアップするボピス(Buy Online Pickup In Store)がオンライン売上の60%を占めている。

言い換えればネット購入品の6割が店在庫となっており、お客が店にピックアップにやってくるボピスでついで買いにより、店売上を伸ばす要因にもなっている。

ホームデポの調査では、ボピス客の20%がお店で「ついで買い」をおこなっているとわかっている。ホームデポではオンライン売上高が伸びると来店客数が増え、同時に既存店売上が伸びる好循環となっているのだ。

 ホームデポのオンライン売上高の成長を支えているのが同社のストアアプリだ。ホームデポのストアアプリ機能には画像検索から、在庫数や店内マップによる売り場も表示する「リアルタイム在庫」「2D/3Dマップ」がある。

アプリでリアルタイム在庫を確認できることでホームデポでは来店客の約半数がアプリでネットにアクセスしてお店に来ているのだ。

アプリにある商品ページにはボドフスの有無など、いくつかの受け取りオプションも用意されている。

ホームデポにはストアアプリとは別に「プロジェクト・カラー(Project Color)」アプリがある。プロジェクトカラーはペンキで古い壁の色とマッチさせたり、好みの色を見つけ出すカラー検索アプリだ。

 なおホームデポが18日に発表した第1四半期(2月〜4月期)では売上高が前年同期比32.7%増となる375億ドルだった。パンデミックによる在宅勤務でリフォーム需要が引き続き堅調でDIYが伸びた。純利益は同84.6%増の41.45億ドルだった。

既存店ベースは31%の増加を記録し(国内店は29.9%増加)、市場予測の20%を大幅に上回った。Eコマース売上は前年同期比で27%の増加だった(前年同期は55%の増加)。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。日本ではストアアプリの重要性についてはかなり過小評価されています。というよりも流通先進国でのストアアプリ状況について不案内なため、見過ごされています。

多分、ストアアプリを意識しないといった状況はまだ数年は続くと思います。理由は老害(笑)。半分は冗談ですが、小売業界ではいまだにスマートフォンを使いこなしていない高齢となる、経営者や幹部、専門家などが多いためです。コロナ明けでアメリカに流通視察にやってきてもストアアプリを注視する専門家は皆無です。

何度も強調しているように、ストアアプリを使うには登録したり、実際に使って買い物をしたりと下調べをしておかなければなりません。視察グループと一緒にアメリカに来て、一緒に帰国するようでは調査などできません。

したがってストアアプリの進化にも気づけません。例えばストアアプリの起動画面。起動画面とはユーザーがアプリをタップして、アプリが完全に起動するまでの間をつなぐ画面です。ここ数年で意識できないほど速くなっています。

 起動画面は主に企業ロゴなど入った画面になるのですが、ホームデポでは早くからサブリミナルぐらいの1秒以下の長さです。些細なことですが、アプリでもリテール・イズ・ディテール(小売業は小さなことの積み重ね)なんですよ。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  5. 5

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  6. 6

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  7. 7

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  8. 8

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  9. 9

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  10. 10

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。