記事

「3年ぶりの皆既月食はスーパームーン」5月26日の夜空はコロナ禍の癒やしとなる

1/2

5月26日(水曜)の夜は全国的に皆既月食が見られる。今回はスーパームーンにも重なり、月が地球の影の中に入り赤銅色に染まる。ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳氏は「かつて日本では月食や日食は“凶兆”とされ、疫病や天変地異などから逃れるために太陽や月を弔い、祈りを捧げる慣習や信仰が各地に残っている」という――。

皆既月食

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/monochrome0403

晴れていれば3年ぶりに全面的に皆既月食が見られる

コロナ感染症による「緊急事態宣言」対象エリアが拡大する中、5月26日(水曜)の夜は心身が癒やされる時間が流れるかもしれない。仮に晴れていれば、およそ3年ぶりに全国的に皆既月食が見られるのだ。

皆既月食とは、「太陽—地球—月」が一直線状に並び、月が地球の影の中に入ってしまう天文現象をいう。皆既月食の場合、月は幻想的な赤銅色に染まって見える。今回の皆既月食は、一年のうちに最も大きく月が見える「スーパームーン」にも重なる。双眼鏡やデジカメで、その瞬間を狙いたいものだ。

一方、「太陽—月—地球」と月が太陽を隠す皆既日食や、太陽が月にはみ出して光の輪をつくる金環日食はめったに見られるものではない。近年で記憶に新しい日食ショーは2012年5月21日、日本の広い範囲で観測された金環日食であろう。ワイドショーなどでも大きく取り上げられ、話題になった。筆者も当時、東京の自宅近くで日食グラスをかけて、「リング」を観測し、声にならないほど興奮した思い出が残っている。ちなみに次回、日本における金環日食は2030年6月1日である。

なぜ「太陽や月を弔う」という不思議な慣習があるのか

さて、本稿では「太陽や月を弔う」という、なんとも不思議な慣習について紹介したい。

天文学が確立されていなかったその昔は、日食や月食は「凶兆」とされ、それから逃れるために太陽や月に対して祈りを捧げたのだ。その痕跡が各地に残っている。

東京都内には「日食の墓」なるものがある。一見、頭を捻ってしまうが、れっきとした日食を供養する墓なのだ。人やモノではなく、天文現象を供養することにどんな意味があるのだろうか。

その墓は多摩川河口からおよそ100km上流にある小河内ダム湖畔にある。小河内ダムは東京都の水源の20%を供給する巨大ダムである。19年の歳月と150億円の総工費、そして工事関係者87人の犠牲を払って1957(昭和32)年に竣工した。

そのダム湖を望む遊歩道に、古い石仏や石碑が20基ほど、きちんと管理された状態で置かれている場所がある。石仏群は、今ではダム湖底に沈んでしまっている複数の村にあったものを、移転したものだ。

人々は日食を凶事の前兆として畏れていた

そのひとつに、旧原村の恵日山門覚寺に置かれていた「日食供養塔」がある。門覚寺はすでに廃寺になっており、石碑だけが移された。

小河内ダム湖畔にある日食供養塔(撮影=鵜飼秀徳)

小河内ダム湖畔にある日食供養塔(撮影=鵜飼秀徳)

門覚寺の日食供養塔は、国内では他に類を見ないものだ。高さ118cmのどっしりとした石塚である。大きく「日食供養塔」と刻まれ、上部に「○(太陽、もしくは金環食の円相)」が描かれている。

しかし、日食を供養する、とはいったいどういうことか。百歩譲ったとしても、せいぜい「太陽供養」ではなかろうか。

日食はその昔、凶事の前兆として人々から畏れられていた。『古事記』や『日本書紀』には、太陽神天照大神にまつわる物語が記されている。

暴れん坊の須佐之男命が理不尽な暴挙をはたらいた時、姉の天照大神は嘆き悲しみ、怒り、岩戸に引きこもってしまった。太陽神が隠れたことで、世界は暗闇に包まれた。神々は怯え、さまざまな災禍が押し寄せてきた。神々は知恵を結集して、岩戸から天照大神を誘き出すことに成功すると、たちまち辺りは陽の光に満たされた——。

この「天照大神の岩戸隠れ」の物語は、神秘的な皆既日食の現象を神話として仕立てたものだと考えられる。

日食の記録をさかのぼれば、最古のものが『日本書紀』に残っている。

《推古天皇三十六年三月戊申 日蝕(は)え尽きたり》

「蝕尽きたり」とは「皆既日食となった」、という意味である。この時の日食は皆既に近い93%の食分だったとされている。推古天皇はくしくも日食の4日前に病に伏し、日食の7日後に崩御した。

「太陽が欠けるのは、お天道さまが降りかかる病や災難の身代わりに」

古事記や日本書紀の記述にもあるように、日食は人知では推し量ることのできない奇妙な現象であった。われわれの命の源である太陽が突如として欠けていくのだから、庶民の多くが、日食にさまざまな凶兆を重ねたとしても無理もない。

「太陽が欠けるのは、お天道さまがわれわれに降りかかる病や災難の身代わりになってくれているから」

そんな日食を擬人化した民俗信仰も生まれた。

太陽が凶事の犠牲になってくれている。そんな理屈が成立したからこそ、日食は「供養の範疇」に入った。日食供養には、太陽を悼み、太陽の恩恵に感謝する意味が込められているのだ。

では、奥多摩湖畔の日食供養塔が建てられた当時、この地域では本当に日食が見られたのだろうか。

石碑には「1799(寛政11)年建立、己未(つちのとひつじ)十一月」とある。220年以上前の江戸時代のことだ。奥多摩地域での日食の記録を調べると、実は同年には日食は観測されていないことがわかった。

この年以前の日食を20年ほどさかのぼってみた。すると1786(天明6)年1月30日、当地域でほぼ金環日食に近い状態(食分99%)のものが観測されている。そのわずか3年後の1789(寛政元)年、10年後の1796(寛政8)年、12年後の1798(寛政10)年にも部分日食があった。供養塔が立てられる前の数年間には、一定の頻度で日食が観測されていたようだ。

江戸庶民は太陽をきちんと供養しなければ、こんにちのコロナ禍のような疫病の流行や天変地異を招いてしまうのでは、と恐れたのかもしれない。

ちなみに、供養塔ができた翌年1800(寛政12)年4月1日には奥多摩地域では金環日食に近い部分日食(食分93%)が観測されている。奥多摩の人々はこの供養塔の前で必死に手を合わせ、凶事が起きぬことを願ったに違いない。

奥多摩町にはかつて、21の寺院と33の神社があり、信仰に篤い風土であった。路傍には地蔵や神像があちこちに置かれていたとされる。日食供養塔を生んだ背景に、当地の豊かな精神文化があったことを言い添えておかねばならないだろう。

あわせて読みたい

「日食」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣がワクチンめぐるデマ流布に言及 不妊については「科学的根拠がない」

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  4. 4

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

  7. 7

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  8. 8

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  9. 9

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  10. 10

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。