記事

国会での議論の傾向 部分最適化が全体最適化に繋がるのか 

5/24参議院決算委員会での様子(出所:参議院)

国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、「日々勉強!結果に責任!」をモットーとする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。

 5月24日(月)、参議院決算委員会が午後1時から6時過ぎまで、5時間余り議論されました。

 参議院決算委員会をはじめとした昨今の国会での議論を聴いていて、特に感じているのが、国会での議論の対象が狭くなっていないかということです。重箱の隅をつつくという表現がありますが、それが近年益々強くなっていないかということです。

政治とは、困った人を救うことであり、少数者、弱者の支援であるという考えに基づくものだと思います。国会での議論は、あらゆる分野の少数者、困った人の声を反映して、その対応を行政府に求めると言う構図で展開されます。それは、それで大事な議論だと思う反面、それではその困った人を救い、弱者を救済したら、全ての人が幸せになれるのかということに疑問を感じています。部分最適化が全体最適化に繋がるのかという問題です。

 それがそのようになればよいと思いますが、残念ながらそうはならないのではないかと思っています。

 経済的に言えば、高度経済成長時代のように、右肩上がりで発展していくときは、政治は困った人を掬うという所得分配機能だけを意識していれば良かったのかもしれません。バブル崩壊以降、低成長時代を迎えている現在、所得分配だけでなく、所得全体をどう増やしていけるのか、その議論が不可欠です。

 部分利益と全体利益が共通する場合はよいのですが、そう簡単にはいかないとも感じています。

 政治とは、少数者を大事にするとともに、常に国家国民全体のことを考えなくてはなりません。当然と言えば、当然なのですが、その当然のことが、国会という国民代表が集う場で議論されることが少なくなっているのではないかということを危惧しています。

 それは、野党だけでなく、与党、政権を担っている自民党内でもその傾向が強くなっていることを感じています。

 近隣諸国が軍拡を行う大変厳しい安全保障環境、気候変動対策のための脱炭素化、少子高齢化の人口減少、経済の停滞等々、課題山積の中で、政治とは困っている人を救うという少数者の支援だけで、我が国を護り、維持発展させていけるとは到底思えません。

 国家国民全体の利益を常に念頭におき、国会で、党内で、自戒を込めて真摯な議論を行っていきたいと思います。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  6. 6

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  7. 7

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。