記事
  • ロイター
  • 2021年05月24日 17:35 (配信日時 05月24日 17:33)

NYの飲食店やバー、1年ぶりに通常営業再開 人手不足が障害


[21日 ロイター] - 米ニューヨーク州の新型コロナ対策規制の大幅緩和で、ニューヨーク市内の飲食店も店内の人数制限がついになくなった。ところが、営業を通常再開できるようになったそうした店に働き手がなかなか戻らず、一部のレストランやバーは人手不足の穴埋めに必死になっている。

マンハッタンのバーのオーナー、パット・ヒューズさんは、腕の良いバーテンダーが見つかれば1年以上ぶりに店を開けたいと思っている。しかし、店で払える賃金を上回る失業保険手当やコロナ給付金を受け取っている人たちは求人に応じてくれないかもしれないと懸念している。

ヒューズさんによると、従業員を引きつけるため賃金を上げる必要があるのだろうが、そのコストは客に転嫁せざるを得ない。「値上げするとして、果たしてハンバーガーやバドライトのビールにそうした分を客が払ってくれるだろうか。値段は既に十分高いのに」と話す。

求職サイトのジョブリストによると、ニューヨークでの飲食店などの求人はこの3か月でほぼ2倍になった。しかし、この仕事に関心を示す人の水準は、昨年6月にコロナによる営業制限がいったん解除された際のピークに比べ、40%以上落ちているという。

マンハッタンのフランス料理店のオーナーで調理長のポール・デナミエルさんによると、以前に働いていた従業員の多くが、この業界そのものから足を洗うことを決めている。

ニューヨークでも最も人気のバー数店でバーテンダーを足掛け8年務めたアーロン・コラチさんがそうした1人だ。コラチさんはニューヨークでバーが再開するまでの暇つぶしと思い、コンピューター関係を勉強することにした。しかし、オンラインでコンピューターサイエンスの入門コースを契約した後、仕事のキャリアを変えてソフトウエアのエンジニアになりたいと思うようになったという。

コラチさんによると、10年働いてバーのマネジャーになりたかったのか、あるいは、いつかニューヨーク近郊に引っ越して、そこで家を買えるような生活や、本当にやりたかった仕事を自分は望んでいるではないかと、自分を見つめ直すことになったという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。