記事
  • ロイター
  • 2021年05月24日 17:35 (配信日時 05月24日 17:33)

NYの飲食店やバー、1年ぶりに通常営業再開 人手不足が障害


[21日 ロイター] - 米ニューヨーク州の新型コロナ対策規制の大幅緩和で、ニューヨーク市内の飲食店も店内の人数制限がついになくなった。ところが、営業を通常再開できるようになったそうした店に働き手がなかなか戻らず、一部のレストランやバーは人手不足の穴埋めに必死になっている。

マンハッタンのバーのオーナー、パット・ヒューズさんは、腕の良いバーテンダーが見つかれば1年以上ぶりに店を開けたいと思っている。しかし、店で払える賃金を上回る失業保険手当やコロナ給付金を受け取っている人たちは求人に応じてくれないかもしれないと懸念している。

ヒューズさんによると、従業員を引きつけるため賃金を上げる必要があるのだろうが、そのコストは客に転嫁せざるを得ない。「値上げするとして、果たしてハンバーガーやバドライトのビールにそうした分を客が払ってくれるだろうか。値段は既に十分高いのに」と話す。

求職サイトのジョブリストによると、ニューヨークでの飲食店などの求人はこの3か月でほぼ2倍になった。しかし、この仕事に関心を示す人の水準は、昨年6月にコロナによる営業制限がいったん解除された際のピークに比べ、40%以上落ちているという。

マンハッタンのフランス料理店のオーナーで調理長のポール・デナミエルさんによると、以前に働いていた従業員の多くが、この業界そのものから足を洗うことを決めている。

ニューヨークでも最も人気のバー数店でバーテンダーを足掛け8年務めたアーロン・コラチさんがそうした1人だ。コラチさんはニューヨークでバーが再開するまでの暇つぶしと思い、コンピューター関係を勉強することにした。しかし、オンラインでコンピューターサイエンスの入門コースを契約した後、仕事のキャリアを変えてソフトウエアのエンジニアになりたいと思うようになったという。

コラチさんによると、10年働いてバーのマネジャーになりたかったのか、あるいは、いつかニューヨーク近郊に引っ越して、そこで家を買えるような生活や、本当にやりたかった仕事を自分は望んでいるではないかと、自分を見つめ直すことになったという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  8. 8

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。