記事
  • ロイター
  • 2021年05月24日 16:11 (配信日時 05月24日 16:06)

米航空局、メキシコの航空安全性評価引き下げへ=関係筋


[ワシントン/メキシコ市 21日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)はメキシコの航空安全性評価を最上位から1段階引き下げる準備を進めている。消息筋4人が明らかにした。引き下げられれば、メキシコの航空会社は新規の米国便を追加できなくなり、両国の航空会社間のコードシェアリング(共同運行)協定に基づく相互の便の座席販売などが制限される。

引き下げは「カテゴリー1」を「カテゴリー2」にするもので、数日内に発表される見通し。その後にFAAがメキシコ当局による航空監督について長期の見直しに入る。現行の便数への影響はない。

今回の措置は、メキシコ当局の安全監督が国際民間航空機関(ICAO)の安全基準に満たないとFAAが判断したことを意味する。

ある業界筋も、FAAが懸念しているのは運航の安全性の問題ではなく、メキシコ当局による航空会社への監督の問題だと指摘した。

消息筋によると、FAAは懸念についてメキシコの航空規制当局と長く協議を続けてきた。FAA側がメキシコ現地でも評価を実施したが、懸念がまったく解決されなかった。FAAが取る措置については、既にメキシコ政府に通知されているという。

コロナ禍の中でメキシコは米国人にとって最も人気の休暇先となっている。昨年に米国と欧州を結ぶ旅客便が規制されたことで、米航空会社は欧州向けだった航空機をメキシコ便に振り向けた。今年4月の米国・メキシコ便搭乗者は230万人近かった。

消息筋によると、アエロメヒコとコードシェア協定を結んでいるデルタ航空は、今回の引き下げに伴い、アエロメヒコ便の予約済みの乗客の一部に対し、新たに発券し直す必要が出てくる。

FAAは2010年にもメキシコ当局の監督不備を理由に航空安全評価を「カテゴリー2」に引き下げ、4カ月後に「カテゴリー1」に戻したことがある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  4. 4

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  5. 5

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

  6. 6

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  7. 7

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  8. 8

    調布の地上被害は「陥没・空洞」だけではない リニア大深度工事への波及は必至

    郷原信郎

    06月17日 09:49

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。