記事

「校則の改定プロセス明文化」がなぜ重要なのか?岐阜県教育委員会が明文化を通知

1/2

5月21日、岐阜県教育委員会が県内すべての県立高校と特別支援学校あわせて83校に、校則改定プロセス明文化を通知したと報じられました。

県教育委員会によりますと、校則改定のプロセスが明文化されている県立高校はなく、来年から導入される新しい高校の学習指導要領に「主体的に社会に参画し自立して社会生活を営む力」の育成が盛り込まれることから、生徒たちに校則をきっかけにこうした力を養ってもらいたいと通知を決めたということです。

岐阜県教育委員会学校安全課は「明文化することで、生徒に『校則は変えられるものだ』という認識を持ってもらい、時代に合った教育環境を作っていってほしい」と話していました。

引用元:NHK「校則改定プロセス明文化を通知」

※太字は筆者

「学習性無力感」に陥っている現状

筆者が代表理事を務める日本若者協議会でも、2021年1月以降、文部科学省や教育委員会、政党などに対し「校則の改正プロセス明文化」など「学校内民主主義」の実現を求めてきたように、非常に重要かつ画期的な取り組みだと考えています。

なぜなら、現状、校則の改正プロセスが明文化されていないがために、児童生徒が学校内で声を上げても、受け流されるケースが多く、児童生徒の声が反映されるか否かは、校長や教員の意識に大きく依存しているからです。

実際、日本若者協議会が実施したアンケートにおいても、「児童生徒が声を上げて学校が変わると思いますか?」という問いに対し、約70%の児童生徒が「(どちらかというと)そう思わない」と回答し、「児童生徒が要望・提案を行った時、教職員はどのような対応をしますか︖」という問いに対しては、半数(50%)の児童生徒が「(どちらかというと)親身に対応してくれない」と回答しています。

その理由としては、「どうしても変えたいという要望を持ち、声をあげたとしても、『それはしょうがない。生徒なんだから』とまるで取り合ってもらえないから(千葉県・国公立中学校 生徒)」、「校則だから、と提案を聞き入れることを拒む(福島県・国公立中学校 生徒)」、「一切の無視、又は教師側の気に食わない要望であれば放課後の居残り反省文が待っている(兵庫県・国公高校 生徒)」、「無視。若しくは一度は聞くものの、後日何も無かったかのように振る舞う(埼玉県・私立高校 生徒)」といった声が上げられています。

出典:日本若者協議会「学校内民主主義」に関する生徒/教員向けアンケート結果まとめ

こうした「無力感」を中学校や高校で経験した生徒は、「どうせ声を上げても無駄」と、その後は声を上げなくなり、後の社会参加、政治参加の低さにも繋がっていきます。

出典:日本財団「18歳意識調査」第20回 テーマ:「国や社会に対する意識」(9カ国調査)

日本財団が2019年に日中韓米英など9カ国で実施した「18歳意識調査」では、「自分で国や社会を変えられると思う」人が2割にも満たず、日本はダントツで最下位となっています。

こうした事態を防ぎ、各ステークホルダーの意見を尊重する民主的な意思決定プロセスを構築するためには、どうしたら校則を変えられるのかのルールを定めることが極めて重要です。

そして、そのプロセスに沿って生徒側も意思決定に参画できるようにしていくべきです。

一般社団法人日本若者協議会

「学校内民主主義」に関する提言

1.校則の改正プロセス明文化を求める通知の発出

わが国は1994年に「子どもの権利条約」を批准し、「児童の権利に関する条約」に関する通知(初第149号 平成6年520)において、同条約に関する配慮を求める通知を発出している。

一方、日本若者協議会が行った実態調査によると、「児童生徒が要望・提案を行った時、教職員はどのような対応をしますか︖」という問いに対し半数(50%)の児童生徒が「(どちらかというと)親に対応してくれない」と回答し、「校則だから、と提案を聞き入れることを拒む(福島県・国公立中学校 生徒)」「一切の無視、又は教師側の気に食わない要望であれば放課後の居残り反省文が待っている(兵庫県・国公立高校生徒)」といった声も寄せられており、生徒側からの提案に対する教職員の対応は学校・個人に大きく左右されている。

そのため、「子どもには意見を聴かれる権利がある」と定めた第12条(意見表明権)を筆頭に、「子どもの権利」を十分に保障するよう全教職員に配慮を求めた上で、「生徒総会」「三者協議会・四者協議会」「学校協議会」「学校管理評議会」のような仕組みを導入し、校則の改正プロセスを明文化するよう、各教育委員会、各学校に通知を発出されたい。

あわせて読みたい

「ブラック校則」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  7. 7

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。