記事

四半世紀かけて“完結”したエヴァにファン喝采…シンジの「最後の声」に隠された意味 - CDB

1/2

 綾波レイやアスカ・ラングレーの物語は、本当に終わったのだろうか。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が異例の月曜日に公開された3月8日から日が経つにつれて、次第にその思いが心の中に浮かんでくる。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

※以下の記事では、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の内容や結末が述べられていますのでご注意ください。

女性キャラクターの「結末」はあえて踏み込まなかった

『シン・エヴァ』は碇シンジの物語を見事に完結させたと思う。

『月刊ニュータイプ』2021年6月号の緒方恵美インタビューの中で、庵野秀明監督の「俺はもうゲンドウになってしまった」という言葉が紹介されているが、完結編のシンジとゲンドウの対決は、26年前、碇シンジとしてこの物語を語り始めた若き日の庵野秀明と、ゲンドウの年齢や立場に近づいた現在の庵野秀明が対話するような、一騎討ちのクライマックスになっていた。

 テーゼとアンチテーゼが拮抗し、その二つを止揚したジン・テーゼが生まれる弁証法のように、残酷な天使のテーゼにはひとつの結末が与えられたわけだ。

シン・エヴァンゲリオン公式HPより

 エヴァは僕の私小説です、という趣旨の発言を庵野秀明は90年代から何度も繰り返している。アニメという表現に一人称の自意識を持ち込み、碇シンジという主人公の内面に多くの観客を巻き込んだのがエヴァの特徴だったが、25年の時を経てその私小説、一人称の語り手が移行し、シンジが語り始めた物語をゲンドウが語り終えるような結末は美しく、見事な完結編だったと思う。

 だが同時に『エヴァンゲリオン』という物語は、私小説として自己を投影した主人公、シンジ以外にも次々と観客を惹きつける周囲のキャラクターたちを生み出した。

 エヴァの代名詞とも言えるアイコンになった綾波レイ。昨年5月のNHK特番でファンの人気投票1位となったアスカ・ラングレー。わずかな登場時間にも関わらず、ファンの心を捉え膨大な二次創作が作られ続ける渚カヲル。葛城ミサトや赤木リツコなど、私小説と片付けるにはあまりに生き生きとした人物たちの群像劇の面をエヴァは持っている。

 エヴァが自己を投影した私小説、一人称として始まった物語であるがゆえに、他の登場人物たちにはシンジやゲンドウほど踏み込んだ「心の結末」をあえて描かなかったとも感じる。

 24年前に出版された『庵野秀明パラノ・エヴァンゲリオン』のインタビューの中で庵野秀明は「人間ドラマなんてそう簡単にできるものではない、パターンではない他人を描くことは難しく、簡単にできると思うことは傲慢だ」と語っているのだが、自己と他者の距離に敏感だからこそ、庵野秀明は綾波やアスカの物語をシンジと同じように一人称で語り終える傲慢を避けたようにみえる。

綾波レイの女性人気が高い理由

 エヴァのキャラクターたちについて興味深いデータがある。老舗のアニメ雑誌『アニメージュ』の新年2月号には、毎月発表している「好きなキャラクター」を100位まで発表する企画がある。エヴァンゲリオン放送後の97年、98年の2年間は、その投票の男女比が掲載されていたのだ。

 97年のグラフを見ると、キャラクター投票は異性からの票が多い傾向がある中で、碇シンジは男女双方から支持されている。一瞬「シンちゃん、女子人気あるじゃん」と思ってしまったが、他の男性キャラの女子投票率の高さと比較するとむしろ「男子キャラとしては男子の共感が高い」と言った方がいいのかもしれない。

 綾波レイの女性票比率もかなり多い。表面的に見れば、これは意外な現象にも見える。エヴァという物語の中で、綾波レイは物語が進むにつれ、碇シンジの母ユイの幻影としてゲンドウに作られた人工生命であることが明らかになっていくからだ。旧劇場版では、綾波レイが人類補完計画により増殖し世界を飲み込み「綾波レイは作られた幻想だ」ということが繰り返し描かれる。

 だが同時に、そうした「人工的に作りだされ、使い捨てられていく綾波レイ」の悲劇性は女性観客に不思議なシンパシーを持って受け止められてきたのではないか。97年、98年の『アニメージュ』の年間投票のデータを集計すると、綾波レイへの女性投票数はエヴァキャラクターの中で最も多い。

 綾波レイは今年の1月に『女子SPA!』が37−43歳女性200人を対象に行った「アラフォー女性エヴァ人気投票」でも、複数投票の47%というダントツ1位の支持を集めたデータがある。90年代も今も、一貫して女性の人気が高いキャラクターなのだ。

ランキングからわかる、アスカについての興味深い事実

 97年2月号と98年2月号の年間アンケートを比較すると、惣流・アスカ・ラングレーについても興味深い事実がわかる。97年2月号は96年分、つまりエヴァTV放送後半から劇場映画公開前、98年2月号は97年分、旧劇場版のいわゆる「春・夏エヴァ」公開年の人気投票の年間データなのだが、春・夏の旧劇場版のショッキングな内容に登場人物たちへの投票数が前年度より下がる中、アスカに対する女性票はほとんど減っていないのである。

 旧劇場版は良く知られるように、性がモチーフとしてとりあげられる。碇シンジが意識のないアスカを性の対象にし、綾波レイは人類補完計画の快楽のために複製され消費され、アスカはラストシーンでシンジを拒絶する。

 ある意味ではファンを含めた文化に鋭い批評性を向けた作品だが、投票データを見る限り、より大きく減ったのは男性ファンであり、相対的に減りの少ない女性ファンが残ったことで、エヴァキャラクターの女性ファン率はむしろ上がっているのである。そしてあの賛否半ばした旧劇で、アニメ誌の投票結果を見る限り、アスカへの女性支持はほとんど揺るいでいないのだ。

あわせて読みたい

「エヴァンゲリオン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  5. 5

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  6. 6

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。