記事

SNS「投げ銭で億万長者」も現実に ユーザーがはまる構造とは

SNS「投げ銭」利用が広がっている(イメージ、AA/時事通信フォト)

 SNSで利用できる「投げ銭」機能が話題となっている。投げ銭とは、ライブ配信者に金銭もしくはそれに代わるものをオンラインで視聴者が提供することだ。YouTubeの投げ銭機能「スーパーチャット」、通称「スパチャ」の他、最近ではTikTokやInstagramなどのライブ配信でも利用できるようになり、Twitterでも機能追加されたと話題になった。なぜ投げ銭機能がこれほど人気となっており、視聴者は投げ銭をするのだろうか。ネット事情に詳しい成蹊大学客員教授の高橋暁子さんが、投げ銭機能が人気の理由と実態について解説する。

【写真】広まるライブ配信

 * * *

「好きな配信者を応援したい。投げ銭すると喜んでくれるし、お願いを聞いてリクエストに応えてもらったこともある」とその醍醐味を語るのは、どこにでもいそうな30代女性だ。その彼女から、「投げ銭のためにはランチ代を削ってもいい」と推しのためなら身を削るのも苦ではないと聞かされると、さすがに驚かされる。しかし、彼女のように生活費を削ってまで投げ銭するという話は珍しいことではない。

 SNSでの投げ銭と言われても、体験しないと分かりにくいだろう。未体験の人のためにYouTubeのスパチャを例に説明すると、ライブ配信中のYouTubeLIVEを見ると、コメント欄の横に「¥」など通貨のマークが表示される。そこがスパチャへの入り口だ。「¥」をタップすると「Super Chat」を選択できる画面になるので、投げ銭をしたい場合はそちらをさらにタップ。すると、100円から5万円くらいのあいだの金額を選ぶことができ、金額を確定させて決済すれば、LIVE配信者に向けた投げ銭完了だ。

 直接、お金を送るのではなく代替となるコインやギフトなどを購入する形をとるSNSもあるが、多くはライブ中のコメント欄から直接、視聴者が送れるようになっている。配信者に直接、送ることができるという実感を得られるのは、ファン活動「推し活」としてもっとも重要なことだろう。

 とはいえ投げ銭は、たいしたビジネスにならないのではと疑われてもいた。だがYouTubeの各種データを集計し公開しているPlayboardの集計によると、2020年の年間スーパーチャットランキングではVTuberの「桐生ココ」が1億5000万円集めて世界1位となった。1位だけでなく、10位までのうち7組が日本のVTuber、2組が日本のゲーム実況者を占めるなど、投げ銭機能で生活できるどころか大きくビジネス展開できる可能性が広がっていることがわかる。

 さらに、投げ銭機能を持つSNSはYouTubeだけではない。その他、TikTok LIVE、Instagramライブ、音声SNSとして大きな話題を集めたクラブハウスなどでも投げ銭機能が追加された。Twitterでも、お金を送受信できる「Tip Jar」機能が、事実上の投げ銭機能として搭載を発表されている。

「推しを助けるのは自分」の気持ちで応援

 新型コロナウイルスが感染拡大したことで、舞台の上演中止や無観客試合などになり苦しむエンタメ業界やスポーツイベントなどの投げ銭活用も進んでいる。

 たとえばサッカーJリーグでも公式戦が中断された2020年は、浦和レッズがスポーツのニュースや動画を楽しむアプリ「Player!」を活用した例が話題になった。練習試合をYouTube Liveで生配信しながら、それに合わせてPlayer!上でOBなどが試合の解説を配信した初回では、なかには一人で10万円もの寄付するサポーターが現れた。

 新型コロナウイルスの影響で競技場や演芸場、ライブハウスやコンサートホールへ行くことができなくなった人たちがライブ配信を楽しみ、そのうち少なくない人が、投げ銭に感謝の気持ちをこめられることを体験している。ファンのアーティストのライブツアーがあれば必ず参加していたという40代女性は、それまでネット上でお金をやりとりするのは通販くらいだったというが、投げ銭は意味があることだったと語る。

「生活費からわずかだけれど投げ銭をしました。コロナでしんどいと思うことも多いけれど、推しの存在が心の支えになっているし、またリアルでライブを見られるときを楽しみに日々をがんばれる。だから推しには、それまでがんばってもらわないと困るから応援した」

 別のあるVTuberに日々投げ銭する自らオタクを自認する20代男性は、「お金を払うことがアイデンティティになっているかも」と語る。「『俺の投げ銭でカメラが良くなったな』とか思えるのが嬉しい。自分が支援しているから活動できていると思っているし、特別扱いされているのが気持ちいい」。

何をするわけでもない配信者に普通の人が投げ銭を繰り返す

 投げ銭機能を活用しているのは、プロスポーツ選手やステージに立つ人、Vtuberなど多数に見てもらうことを仕事とするたちばかりではない。2020年に緊急事態宣言が発令されたとき、営業休止となって困ったキャバクラ嬢たちが生配信で投げ銭を集める例も増えた。

「投げ銭をすると名前を呼んでもらえるし、ランキング上位に入って存在を認めてもらえる。それに、額によってランキングが画面に表示されるから、つい投げ銭をしてしまうんですよ」

 とあるキャバクラ嬢の配信を必ず見ている40代会社員男性は、その醍醐味を楽しそうに明かしてくれた。あまり大声で「推し活」しています! とは言えないかもしれないが、投げ銭をしたくなる人が現れるのはわかる配信者だ。一方で、なぜ投げ銭が集まるのか分かりづらい配信もある。

 その配信者たちは一般人で、特に何をするわけでもなく、日常生活をただ見せているだけ、とりとめもないおしゃべりをするだけという人も多い。いわゆる「映える」ような工夫も少ない。それだけでも理由がわからないのに、そこへ投げ銭をする側も特に裕福というわけではなく、一般の大学生なども混じっている。そのような人たちは、なぜ投げ銭するのだろうか。

 そういった「普通の」配信者に投げ銭をした大学生にきっかけを聞くと「たまたまあるVTuberが配信しているのを視聴した。有名でもないし、それまで知らなかった。でも、入ったときにIDを呼んでくれた。それではまってしまって」と言う。

「翌日も視聴したら、『今日も来てくれたんだ、嬉しい』と喜ばれた。それから毎日通っている」。大学もすべてオンライン授業となる中、画面越しとはいえ、貴重なリアルコミュニケーションができる場となっているそうだ。

 そして「見に来ている人たちもいい人たちばかりで、就活の相談をしたこともある。みんなが応援してくれて嬉しかった」と続けた。このように同じ配信者が好きな仲間ができたり、居場所となっている人もいるようだ。

過剰な投げ銭や過激な配信が問題に

 苦境の業界の救世主的存在となりつつある投げ銭機能だが、一方で問題も起きている。投げ銭は支援者に支払うという意味合いが強いため、支援者側は課金額に応じた対価を求めることが多くなる。中には配信者に対して脅迫まがいのお願いをする支援者もいる他、配信者側も投げ銭によって言いなりになってしまう例があるため、行動の過激化も指摘されている。

 たとえばロシアでは、18歳少年を含む複数の男が女性に対して性暴力を働く様子をYouTubeで配信、投げ銭を集めて訴えられている。また同じく投げ銭が人気の中国では、高濃度のアルコールを一気飲みする動画を配信する配信者が次々現れ、なかには死亡事故へと繋がったこともあるなど問題視されている。

 投げ銭市場が1000億元(約1兆5000億円)超規模という試算もある中国では、金銭面でも社会問題となりつつある。たとえば、湖北省の9歳女児が10万元(約150万円)を投げ銭して保護者が返金を求めた例や、学費を使い込んでしまう例もあり、未成年や若者が配信に過剰に投げ銭につぎ込んでしまうのだ。こういった事例が起きないように、中国では運営企業に対して配信者や視聴者の実名管理を求める通知を出している。日本でも他人事ではないだろう。

 このように課題は多いが、投げ銭によって好きなクリエイターや業界を支援したり、交流することができるというのは、SNSの良さを生かした新機能なのは間違いない。新型コロナウイルスの感染拡大によって急拡大した面はあるが、それがなくとも遠からず定着したのではないだろうか。なにしろ、自分の善意が直接、反映される実感が得られるのだから。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  4. 4

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  5. 5

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

  6. 6

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  7. 7

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  8. 8

    調布の地上被害は「陥没・空洞」だけではない リニア大深度工事への波及は必至

    郷原信郎

    06月17日 09:49

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。