記事

10才女児の4分の1が「やせたい」 異常な痩身願望の背景にあるもの

日本では細身へのシルエットへのあこがれが強い(写真/GettyImages)

 テレビや雑誌などで見かける女性のアイドル、女優、モデルの多くは、細身のシルエットだ。多様性が認められる世の中に変化しつつあるなかでも、メディアでは細身のシルエットがもてはやされる。

【グラフで解説】世界一「痩せ願望」が強い国1位は?

 現在、体形のバロメーターとされているのが、「体重÷(身長×身長)」で導き出されるBMIだ。一般的に、BMIが25以上は「肥満」、18.5~24が「普通体重」、18.5未満は「低体重(やせ)」のカテゴリーに入るとされている。

 もともとは健康状態としての肥満度(メタボリックシンドロームか否か)を測るモノサシだったが、いま、多くの女性は、BMIの数値を細かく分類して“美しさ”の指標にしている。

 とある痩身エステサロンが、本来やせ型の部類に入るBMI20前後を「美容体重」、やせすぎに分類される18前後を、“ガラスの靴が割れない”「シンデレラ体重」、さらにその下の17前後を「モデル体重」と呼び始め、10〜20代女性に浸透した。こうしたモノサシについて、Y’sサイエンスクリニック広尾統括院長の日比野佐和子さんが言う。

「BMIは身長と体重の数値から計算されるため、健康において重要な体脂肪率や筋肉量まではわかりません。筋肉は脂肪よりも重いため、引き締まった筋肉質の人の方が体脂肪の多い人よりもBMI値が高くなり、『肥満』と判断されることもある。BMIは、あくまでひとつの目安としてとらえるべきです」

 BMI20前後の美容体重でも、筋肉がなく脂肪がたっぷりついた「かくれ肥満」ということもあるのだ。この体が美しくも、健康でもないことは想像に難くない。

 しかし、そんなことを言われても、世の女性のやせることへの情熱はおさまらない。2012~2015年に東京都医学総合研究所などが行った調査では、10才女児の23%に「やせたい願望」があった。小学4、5年生すら「やせたい」と願う背景には何があるのか。日本摂食障害学会理事長でなんば・ながたメンタルクリニック院長の永田利彦さんが指摘する。

「現在は、先進国の多くで“やせていれば美しい”という“信仰”が広まり、人の目を気にする年頃から、やせるための行動を始めます。少しやせると友人などから“すごいね”“かわいくなったね”と言われ、“やせた私はすごい、魅力的だ”と強く感じるようになる。それは裏返せば“やせていない私はダメだ、魅力がない”という考えにつながります。そして、“魅力的な自分”を維持するために、無理なダイエットを続けることになるのです」

 永田さんによれば、やせていることが美しいとして、減量に執着した最初の女性の1人は、19世紀のオーストリア=ハンガリー帝国の皇后・エリザベートだという。「シシィ」の愛称で親しまれ、宝塚の人気ミュージカルの題材にもなった彼女は、身長172cmながら体重わずか46kg、ウエスト50cmを生涯キープしたといわれる。

「やせることに執着して、過剰に運動して果汁や牛乳ばかりの極端すぎる食生活を続けていたため、胃腸の働きが悪くなり、当時の宮廷医も『異常である』と指摘しています。そこまで美を追求しても幸せにはなれず、暗殺されて一生を終えています」(永田さん・以下同)

 その後、西洋で女性の社会参加が進むとともに、女性の服装は、動きやすくタイトなものに変わっていった。

「第一次世界大戦が終わってアメリカの景気がよくなった時期に、それまでのようなバストとヒップの豊かな“スズメバチ体形”から、バストとウエストの差がないやせ型体形が流行しました。日本では大正デモクラシーの頃にこうした服装が流入し、第二次世界大戦後、国が豊かになるにつれて、欧米のやせ礼賛文化の影響を受けるようになったと考えられます」

 令和の世では、K-POPアイドルの過酷なダイエットが“エリザベートの再来”だと、永田さんは眉をひそめる。彼女たちは、多くが170cm近い高身長でありながら、45kg前後を理想の体重とされ、1日1000kcalほどしか摂らないという。

 実際、TWICEの日本人メンバーであるモモは、所属事務所から「1週間以内に7kg減量しないとショーに出さない」と通告され、1週間氷だけを食べて体重を落としたと、インターネット番組で告白した。

「たとえ歌やダンスが苦手でも、食事さえ摂らなければ、誰でもやせることはできる。自己評価が低くて自分に自信がない人ほど、ダイエットに成功したことを“自己実現できた”と思い込んでしまう」

 そうして、食べて吐くことを繰り返す。その結果、海外のモデルが亡くなった例もある。やせることによる自己実現は、決してポジティブな言葉ではないのだ。

※女性セブン2021年6月3日号

あわせて読みたい

「ダイエット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  4. 4

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  9. 9

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。