記事

菅田将暉が演じる“どこにでもいる若者”にリアリティがあるのはなぜか

平凡な若者の喜怒哀楽を完璧に表現した菅田将暉

 菅田将暉(28才)が主演を務めるドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)。放送開始早々から注目を集め、SNSなどでは「セリフの一つひとつが胸に刺さる」、「登場人物の心の動きが痛いほど分かる」といった声が多く並んだ。本作が視聴者の共感を呼ぶ理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんは「特に菅田の演技が大きなポイント」と語る。

【写真5枚】あいみょんと誕生日用のハート型ケーキを選んだ菅田将暉(プライベート撮)

 * * *

 若い世代から大人まで大きな反響を呼んでいるドラマ『コントが始まる』。「お笑い」をメインに扱いながらも、劇中で描かれる若者たちの経験は、大なり小なり誰もが身に覚えがあることのように思う。視聴者は登場人物たちに自身の姿を重ね、自分のことのようにドラマを観ているようだ。

 本作は、人生の岐路に立たされたお笑いトリオの3人と、彼らを見守る者たちの姿を描いた青春群像劇である。本作は、『ヴォイス〜命なき者の声〜』(2009年/フジテレビ系)や『俺の話は長い』(2019年/日本テレビ系)などのドラマ作品を手掛けてきた脚本家・金子茂樹(46才)によるオリジナル作品。

 主演は菅田だが、有村架純(28才)、仲野太賀(28才)、古川琴音(24才)、神木隆之介(28才)らが扮する5人の若者の姿を描いている。彼らは近しい間柄にあるものの、そのバックグラウンドやモノの考え方は異なり、回を追うごとにそれらが深堀りされていく。この点も多くの視聴者の共感に繋がっているようである。

 物語のあらすじはこうだ。高校時代の同級生である春斗(菅田)、潤平(仲野)、瞬太(神木)の3人組によるお笑いトリオ「マクベス」。彼らは「結成から10年経ってもブレイクしなければ解散」という約束を掲げて活動を続けてきたが、その時期を迎えても鳴かず飛ばずの状況が続き、数少ないファンに向け解散宣言。

 ところが、この“数少ないファン”の中には、マクベスを心の拠り所とし、ひっそりと見守ってきた里穂子(有村)がいた。里穂子もまた、人生につまずいた一人であり、彼女の妹・つむぎ(古川)はそんな姉に気を揉んでいる。この5人の不思議な交流を描いた物語だ。

 放送開始前、本作の第一報が出た際は、豪華なキャスト陣が話題になった。菅田、仲野、神木、有村の4人は実際に同年代であり、いずれもが演技の世界でキャリアを重ね、いまや個々が主役として作品を背負うことができる域にまで達している。

 この4人と比べて年少の古川は、経験年数で言えばまだ“新人”だが、朝ドラ出演や映画でヒロインを務めるなど、大車輪の活躍を見せているところ。数年後には、他4人のような存在になっていると断言したい。その意味でこの5人は、“全員主役級”なのである。

 演じる5人それぞれが、個々のキャラクターにとっての“自分の物語”を展開させられる次元にある俳優だからこそ、視聴者は各々が思う登場人物に共感することができ、群像劇が成立しているのだと思う。筆者も毎話、自分事、あるいは自分の周囲にいる人たちの物語としてテレビに釘付けになっている。そんな中でも、多情多感な性質を持つ主人公・春斗を演じる菅田の存在に惹きつけられる。

 菅田が演じる春斗は、決して特別な存在ではない。お笑いと接点の無い人にとっては特殊な立場にある存在だと感じるかもしれない。しかし、夢を追いかけたり、何かに悩んだり、時に感情的になる姿は多くの人が経験することであるはず。彼はよく笑い、よく怒る、どこにでもいるごく平凡な若者なのだ。

 春斗は誰に対してもすぐに感情的になるが、特に第2話のマクベス結成秘話にまつわる小さな秘密を“隠し事”だと捉え、潤平に激昂するシーンはインパクト大だった。高校の文化祭で春斗と潤平がコントをしたことがマクベスの始まりだが、潤平は春斗に声をかける前に、別の人たちを誘っていたというのである。

 10年も前の些細なことであり、傍目にはどうでもいいことのようにも思えるが、彼にとっては重大な事実だ。菅田は突沸する怒りを、耳を塞ぎたくなるほど声を張り上げて表現した。春斗の切実な思いを声の調子だけで示すのと同時に、2話目にして彼の性格を完全に視聴者に印象づけることに成功したと思う。

 菅田は春斗の“平凡さ”や“人間臭い”一面を、とても巧みに表現している。喜怒哀楽が豊かな人間臭さは春斗の持ち味であり、ここにいかに深みを持たせられるかどうかで、彼の“どこにでもいる若者像”のリアリティは変わってくるはずだ。キャラクターに真実味が欠如していれば、視聴者の共感を呼ぶことは難しいだろう。

 日常の些細なことに対する感情を繊細に表現した人間臭い菅田の演技があるからこそ、視聴者が「自分のこと」として共感できるのではないだろうか。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。

あわせて読みたい

「菅田将暉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  4. 4

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  5. 5

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  6. 6

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  7. 7

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  8. 8

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  9. 9

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  10. 10

    「キャバクラ通い」退職の錦島親方を懲戒処分できるか? 知らないと損する就業規則

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。