記事

「細い」が褒め言葉となる日本 「幼少期からの刷り込み」の問題点

佐々木さんは、体重に固執するのをやめ、正しい食事と運動で健康と美しさを取り戻した(写真は本人提供)

「すごく細いわよね~」、「あら、ちょっとやせたんじゃない?」。こんな言葉をかけられたら、「そんなことないわよ」と謙遜しつつも、つい頬が緩んでしまうかもしれない。これまで日本において「やせているね」は、「きれいだね」「努力したんだね」「健康的だね」を意味する、ほめ言葉だと捉えられてきた。

【写真】細い!ノースリーブ姿、ショートヘアーのツイッギー。斜め正面からの一枚

 おデブさんとは呼ばれたくない、老けて見られたくない──年齢を問わず、ダイエットは昔から女性の永遠のテーマであり、メディアには数年前から流行している糖質制限のほか、「○○に置き換え」や「○○しか食べない」など、次から次へと新しいダイエット法が登場している。そして人々は皆、それをせっせと実践する。

 やせている人ばかりがひたすら礼賛される世の中で、日本人の総摂取カロリーは、第二次世界大戦直後のそれを大きく下回っている。もちろん、食事の内容は当時から大きく変わっているため、一概に栄養不足だと言い切ることは難しい。しかし、いまの日本人が「終戦直後よりも食べようとしなくなっている」ことは、まぎれもない事実だ。やせたい人ばかりが増えて、衰えを知らないダイエットブームに落とし穴はないのだろうか。

第一線で活躍したモデルは拒食と過食を繰り返した

 そもそも、どうして私たちは皆、こんなにもやせたいのだろう。モデルでボディメイクトレーナーの佐々木ルミさんは、世の女性は“ファッションアイコンのようになりたい”という憧れが強いと語る。確かに、戦後のファッションアイコンを振り返ると、スリムな女性ばかり。

「1960~1970年代にかけては、イギリスのトップモデルのツイッギーの影響で、ミニスカートが世界 的に流行し、日本人女性もミニスカートが似合う細い脚に憧れました。1980年代になると、松田聖子さんを筆頭にしたアイドルブームを挟んで、安室奈美恵さんやケイト・モスが時代の寵児となった1990年代が到来。“細い女性が魅力的”という流れを後押ししました。

“私も憧れの彼女たちのようになりたい=細い体になりたい”という気持ちが、女性のやせ願望に拍車をかけたのではないでしょうか」(佐々木さん。以下同)

たった2~3kgで10kg太ったような恐怖感

 佐々木さんは、もともとスリムな体形だった。高校卒業後はモデルの道に進み、ロンドンやニューヨークなど第一線で活躍した。だが、20代後半になり、仕事や私生活のストレスで過食気味になったという。

「将来に対する漠然とした不安を食べることで埋めるようになり、体重が増えていきました。

 食べる量を減らして体重を戻し、またストレスで過食、絶食……と繰り返し、オーディション前は1週間何も食べずにウオーキングに励むようになりました。無理なダイエットでオーディションを乗り越えると、また食欲が爆発して、ものを食べる手が止まらなくなる。そんな過食と拒食を繰り返していました」

 過食で増えた体重は2~3kgだったが、当時の佐々木さんにとっては、「10kg以上増えたような罪悪感と焦燥感があった」という。

「人からやせていると言われても、当時の私の目には、自分の体は太って見え、常に満ち足りていない気持ちがありました。友達と約束をしても、『こんな太った姿は誰にも見せられない』とドタキャンして、強烈な自己嫌悪に陥っていた。やせ願望にとらわれるあまり、強い自己否定感があったのです。

 そんな生活を30代後半まで繰り返して疲れ果て、やせようとすることをやめました。心と体を健康にしたくてトレーニングを始めて、カロリーを気にせず食事を摂るようにしたら、自己嫌悪に陥ることも減っていきました」

“やせ信仰”から脱し、心身とも健やかになった佐々木さんが心配するのは、日本特有の「幼少期からの刷り込み」だ。

「テレビでは細い女性がもてはやされ、太っている女性は笑いを取る役です。それを見て育ってきたから、太っている女性は美しくない、からかってもいい存在だと刷り込まれる。身長は生まれつきでも、体重は生活次第で変えられるから、太っている子に対し、“食べすぎている”“やせた方がいい”などと、その子のありのままを否定するような言葉をかけてしまう」

※女性セブン2021年6月3日号

あわせて読みたい

「ダイエット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  8. 8

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  9. 9

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  10. 10

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。