記事

LGBT法案 自民の保守派が異論 成立不透明に

LGBTなど性的少数者をめぐる、「理解促進」法案の、今の国会での成立を目指して、自民党の特命委員会が、法律の目的に「差別は許されない」と明記する修正案をまとめ、野党側に提示しました。

野党は、すでに「差別解消」法案を提出していて、与野党が詰めの協議をしました。

その結果、立憲民主などの求めに応じ、法案の目的・基本理念に「性的指向および性自認を理由とする差別は許されないとの認識の下」という文言を盛り込みました。

自民党の理解促進法案は、保守派の強い反対で5年間も棚上げになっていて、東京五輪という契機に法案を成立させようとしている、と報じられています。

自民党は、昨日20日、合同会議を開き、法案自体への明確な反対意見は出なかったものの、保守系議員を中心に「差別」と明記したことに懸念が集中した、とのことです。

「差別の認識はそれぞれで違う。’不当な差別’としなければ駄目だ」「意図しない影響を社会に与える可能性がある」などの声が続出し、了承が得られず、24日に再度議論することになりました。

反対している、山谷えり子元拉致問題担当相は、自分の性別をどのように認識しているかを意味する「性自認」をめぐって、「米国では’男性の体、心は女性’といって女子競技に参加してメダルを取る不条理もある」などの「ばかげたことが起きている」と発言しています。

山谷氏は、選択的夫婦別姓にも強く反対してきています。

本物の保守は、寛容な精神を持っていると聞いています。

今反対している保守系議員は、多様な価値観を認めない、化石化している人たちだと思います。

豊かな社会とは、多様な価値観を認め合える、寛容な社会だと考えます。

せっかく機運が盛り上がっている今の国会で、是非、法案を成立させてほしいと願っています。

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  5. 5

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  6. 6

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  7. 7

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。