記事

なぜ赤羽橋は「Akabane Brdg.」ではなく「Akabanebashi」なのか?

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

以前のブログでも書いたことですが、道路標識の英語の表記には違和感を感じることが度々あります。

最近、道を歩いていてたまたま見つけた写真の道路標識は「金杉橋」と「赤羽橋」の2つの橋が掲載されていますが、英語表記が異なっています。

金杉橋は「Kanasugi Brdg.」と「橋」だけが英訳されているのに、赤羽橋は「Akabanebashi」と全てがローマ字表記になっています。外国人から見ると、「Kanasugi Brdg.」の方が読みやすいと思いますが、なぜ同じ看板標識なのに違ったルールで表記をするのでしょうか?

もしかしたら、私が知らない明確な表記のルールがあるのかもしれません。しかし、もし看板標識を作成する担当者が、その都度適当に英語表記を考えて決めているとすれば、整合性がなく外国人は混乱します。

また、東京オリンピックを控えて、公共交通機関の車内アナウンスも日本語だけではなく英語でもされる場合が増えてきました。

電車で、車掌がアナウンスする場合は、ある程度の発音や文法のエラーに目くじら立てる必要はないと思います。毎回、アナウンスをしているうちに、改善していけば良いのです。

しかし、あらかじめ録音された英語のメッセージが流れる場合でも、その内容が外国人にも意味が通じ、伝える価値のあるものであるか疑問に思うような内容も結構あります。

英語による看板表記やアナウンスは、日本人のためのものではなく、日本に来て日本語が理解できない外国人のためのものです。

とすれば、日本人が独りよがりに英訳するのではなく、日本語が理解できない外国人の立場に立った英語の表記やアナウンスをきちんとチェックする体制を作っていくべきではないでしょうか。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年5月22日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「道路標識」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  3. 3

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  4. 4

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  5. 5

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  6. 6

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  7. 7

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  8. 8

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  9. 9

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  10. 10

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。