記事

「グランプリ1位が乱立」外食チェーンの唐揚げ専門店に共通する強みと課題

1/2

唐揚げ専門店が増えている。専門店の市場規模は前年比120%超えとなる勢いだ。なぜ人気が加熱しているのか。経営コンサルタントの大久保一彦氏は「唐揚げブームの前はとんかつ専門店ブームだった。価格が安く、味のバリエーションの多いことから、取って代わられた」という――。

山盛りの唐揚げ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Jonathan Austin Daniels

唐揚げマーケットは前年比23.1%増見込み

今、「唐揚げ店」が急成長している。2020年6月に発表された富士経済のレポートによれば、唐揚げをメインとして提供するイートイン、テイクアウト両方の店舗を対象としたマーケットは2019年853億円から2020年には1050億円の見込みであると発表された。2019年比で23.1%増となる勢いで、コロナ禍でありながら際立って好調だと言えるだろう。

同レポートによれば、「2019年は『から好し』を中心に、アークランドの『からやま』『からあげ縁』『「鶏笑」なども店舗数を増加させ、市場規模は2018年比41.0%増となった。2020年も上位チェーンの新規出店が続いている」とのことだ。

このレポートではハンバーガーや回転寿司などその他の日常的な業態も取り上げられているが、唐揚げは市場規模の前年比伸び率が最も大きく、非常に注目すべき存在になっていることがわかる。

唐揚げブームの前はとんかつブームだった

テイクアウトの唐揚げ専門店は大分県中津市をはじめとする九州の一部地域で以前から展開されていた。それが2010年ごろから全国に出店するようになり、その流れが東日本大震災以後の経済不況によって加速。外食チェーンも次々と参入した。

外食企業の新業態というと、2017年~2019年ごろはとんかつ専門店がトレンドだった。コロワイドグループの「とんかつ 神楽坂 さくら」(2016年)、ロイヤルホールディングスグループの「とんかつおりべ」(2018年)、リンガーハットの「とんかつ大學」(同)、ハイデイ日高の新業態「とんかつ日高」(2019年)などがこれに当たる。

2019年にオープンしたとんかつ神楽坂さくら五反田店2019年にオープンしたとんかつ神楽坂さくら五反田店 - 画像=レインズインターナショナル プレスリリースより

それがコロナ禍以降、よりプライスゾーンが低めで日常性が高い唐揚げ業態に移行した。自宅での食事機会の増加、飲食店の営業時間短縮や酒類の提供自粛要請などがあり、短時間での食事や持ち帰りの需要が激増し、各チェーンの出店に勢いが増している。

ご馳走ではないが嫌いな人が少ない優秀メニュー

なぜ唐揚げ専門店が躍進するのか。理由は大きく分けて5つある。

(1)日々の食生活での喫食頻度が高い

簡単に言えば「毎日の生活の中でよく食べられるメニュー」ということだ。唐揚げは決してご馳走という位置づけではないが、人気のおかずであり、嫌いな人が少ない。

単体でもおかずになるし、脇役的な位置づけもこなすことができる。唐揚げ弁当のようにメインを張ることもあれば、ラーメンやおにぎり、サンドイッチとのセット、カレーのトッピング、お酒のつまみなどいろいろな利用シーンで活躍する。

この背景には、日本において鳥肉は丸鳥でなく若鶏(ブロイラー)の切り身で流通していることが挙げられる。唐揚げでよく使用されるブロイラーは肥育期間が短く、比較的安い食材として流通している。ブラジルなどからの輸入となると他の肉類にはない価格で仕入れることができる。

ブロイラーは肉自体に味わいはない。だが、柔らかく、唐揚げのようにしっかり味をつければおいしくいただける。

ブロイラーの導入が始まったのは戦後からだ。大戦後の食糧難を経験した日本の家庭の食卓においては、たいへんありがたい存在であり、唐揚げはカレーなどとともに食卓のおかずに定着して、喫食頻度が高くなった。

仕込みから提供までアルバイトでも運営できる

(2)唐揚げ専門店は運営しやすい

唐揚げ専門店という業態は、絞り込んだアイテムで運営できる。新規開店から1週間程度でオペレーションを軌道にのせられるため、大量出店が可能となる。

また、アイテムが少ない強みを活かして、自動フライヤーを導入して中心加熱温度を考慮した調理設定をすれば、安定した商品提供ができる。そのため、仕込みから提供までのオペレーションがパート・アルバイ トで運営しやすい。

この点において、アークランドサービスホールディングが唐揚げに目をつけたのは、母体の「かつや」に通じるところがある。

(3)家庭の食の外部化による後押し

女性の社会進出や高齢者を含む単身世帯の増加で、食の外部化が進み、家庭内で揚げ物がされなくなった。高齢者にとって揚げ物は火災のリスクなどがあり、油の処理も大変だ。年々日本の家庭では揚げ物をしなくなっている。これは揚げ物全体のマーケットの拡大に寄与していると考えられる。

(4)味付けのバリエーションが可能

唐揚げより前にブームだったとんかつ屋は、とんかつソースやおろしぽん酢などのソースで食べさせるものであり、単体ではどうしても味の差別化がしにくい。しかし、唐揚げは香辛料を含めた味付けのバリエーションに消費者が寛容だし、それ自体を店の特色にすることができる。

(5)低いプライシングが可能

(1)で述べた通り、輸入ブロイラーは安い。月々の食費やお小遣いの総額は総菜店・弁当店・外食店利用の大きな制約要因である。低い値付けができるということは利用頻度が高くでき、他の業種に比べて有利に働く。

「かつや」のアークランドは唐揚げ店2ブランドを運営

こうした背景から、唐揚げ業態に進出する飲食チェーン企業は後を絶たない。

そもそも唐揚げブームが加熱したきっかけは、2014年12月19日にアークランドサービスホールディングス株式会社が、浅草の名店「からあげ縁‐YUKARI‐」とコラボレーションして、神奈川県相模原市にからあげ専門店「からやま相模原店」を開店し、店舗展開を始めたことにある。

ちなみに、同社は本格的な展開に備え、2015年9月1日にアークランドサービスホールディングス株式会社から会社分割して、子会社のエバーアクション株式会社を設立。同年10月には「からあげ縁‐YUKARI‐」を運営するBAN FAMILY株式会社を子会社化し、からあげ専門店を2ブランド抱えることとなった。

2017年にはすかいらーくグループが「から好し」を新業態としてスタート。同年末は首都圏4店舗だったところから2018年6月末には33店まで急成長している。

独立タイプの「から好し」店舗独立タイプの「から好し」店舗 - 画像=すかいらーくホールディングス プレスリリースより

すかいらーくにしてみれば、メニューバリエーションやアイテム数が大幅に削減されたわけで、運営してみて「これはすごい」と思ったことだろう。現在は同グループのガストにおいても「から好し」の唐揚げを販売している。

あわせて読みたい

「外食産業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  5. 5

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  6. 6

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  7. 7

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    10年前は有事の国会閉会を批判 国会軽視の態度に変わった菅首相

    野田佳彦

    06月21日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。