記事

「なぜツーブロや茶髪はだめなの?」教員が口を揃えて言う「教育的言い訳」の正体 - 内田 良

 下着の色は白のみ、コート着用不可、ツーブロック禁止など、理不尽な校則の話題が尽きない。すべての学校がこうしたルールを適用しているわけではないものの、たとえば東京では都立高校の4割が、生まれつきの毛髪の色を申告させる地毛証明の届け出を求めている。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 子供の居場所となるはずの学校が、なぜ人権侵害とも言えるようなルールを運用しているのか。学校の「言い訳」に注目しながら、理不尽な校則が存続する背景を考えたい。


©iStock.com

ツーブロック禁止は「生徒を守るため」

 昨年の7月に東京の都立高校におけるツーブロック禁止が話題となった。

 都議会議員の池川友一氏が委員会にて、ツーブロック禁止の理由を教育長に問うたところ、「外見等が原因で事件や事故に遭うケースなどがございますため、生徒を守る趣旨から定めている」と回答があった。ツーブロックを禁止することが理不尽であり,また「事件や事故に遭う」という理由が「意味不明」だということで、動画を掲載した池川氏のツイートは5.8万件のリツイート、14.3万件の「いいね」が付き、動画は647.7万件の再生を数えた(2021年4月30日時点)。

 私は直感的には、「生徒を守る」という教育長の説明は、納得も理解もできない。私を含め多くの人たちは、その直感があるからこそ、ツーブロック禁止を嘲笑し、一蹴する。

 ただ、今回はいちど、「教育長の説明がもし真剣な言い分だとしたら」と考えてみたい。つまり、「生徒を守る」ということが答弁上のこじつけではなく、本気でそう思っているとしたら、ということだ。

コート着用禁止も教員の真っ当な感覚

 こうした視点を私がもつに至った、一つの経験がある。

 とある自治体で、多くの学校が生徒の登下校中のコート着用を禁じていることを、ローカル放送局のニュース番組が取り上げた。それを観た知り合いの教員が困惑気味に、「批判ありきの内容で、保守的な同僚に限らず多くが違和感を抱いている」といった旨の情報を、私に寄せてくれた。

 寒ければコートを着る。それを禁じる権限が学校にあるのかと、憤りたくなるかもしれない。

 だが重要なことは、「保守的な同僚に限らず」とあるように、コート禁止は多くの教員の真っ当な感覚なのだ。人権を尊重するはずのリベラルな教員であっても、コート着用が容認できない。身なりが華美になって学校が荒れる、貧富の差が出てしまうなど、さまざまな「教育的言い訳」が通用する。

全国で導入されている地毛証明書

 地毛証明書は、まさに「教育的言い訳」が作動する代表例である。

 地毛証明書とは、自分の生まれつきの毛髪の特徴を証明する書類を指す。「地毛届」「頭髪届」「地毛申請書」といった別名もある。幼少期の写真を添付させたり、美容師や「毛髪診断士」による専門的な証明を要したりするケースもある。

 東京都では都立高校の4割が、また大阪府では府立高校の6割が,地毛証明書を導入している。全国の高校では広範に、地毛を登録する方法が取り入れられていると推察される。

 地毛証明書の書式は、全国的に統一されているわけではない。学校により多少のちがいがある。(そもそも、このような人権侵害の書類が全国で統一されているとしたら恐ろしいことだ。)基本的には,(1)本人の氏名、(2)保護者の氏名、(3)毛髪の特徴を記入して、学校に提出される。

 生まれつきの身体の特徴をわざわざ申告させることは、プライバシーの侵害にあたると考えられる。私個人の感覚では、なんともおぞましいルールに思えてならないのだが、一方で学校側の言い訳はこれもまた、「生徒を守るため」である。

「生徒の人権を守るための制度」

 2019年3月、P&Gのヘアケアブランドであるパンテーンは、髪型・校則をテーマに「#この髪どうしてダメですか」キャンペーンを展開した。朝日新聞の一面広告(3月18日付)など、さまざまな媒体をとおして、学校における頭髪規制への関心が高められた。

 4月にはYouTubeに「#この髪どうしてダメですか 生徒と先生の対話 完全版」と題して、とくに地毛証明書に特化した動画が公開された。この動画は、地毛証明書をめぐって、実際に生徒と教師が「ホンネで議論」する企画であり、それぞれの思いが伝わってくる仕上がりになっている。

 動画では、「地毛証明書を出す理由を教えてください」という生徒からの問いをきっかけに、ある教師が地毛証明書の意義を次のように語っている。

 もともとの地毛であればそんなもの(証明書)を提出する必要はないと思うんだけれど、なかにはそういうふうに髪を染めてしまって、印象が悪くなってしまう子もいるから、「そうではないですよ」というための証明だと思う。

 地毛証明とは、「髪を染めてしまって,印象が悪く」なる生徒もいることから、自分は染めているわけではないことを主張するための手続きであるという。

 こうした見解は、地毛証明書を取り入れている学校で共通にみられるもので、先の東京都の報道では、都教育委員会は「事実誤認による頭髪の指導を防ぐため」と説明しており、また大阪府の報道では、府立高の校長は、地毛が茶色の場合に黒染めを強制しないよう「生徒の人権を守るための制度だ」と説明している。

人権侵害 vs. 人権尊重

 学校には、「生徒の人権を侵害している」という認識は希薄である。むしろその逆で、生徒の生まれつきの特性を証明してもらうことで、染髪の疑いを晴らせるのであり、「生徒の人権を守っている」と考えられている。ここに、校則が変わらない根源的な理由がある。

 学校からすれば、地毛証明書を批判している者たちこそ、生徒の人権を侵害する存在である。私を含め地毛証明書に対する批判には、学校からは「現場を知らない人たち」という声が漏れ聞こえてくる。こうして学校側は、外部からの批判に耳を閉ざすことになる。

 パンテーンの動画の終盤には、教師との議論を終えた生徒の感想が収められている。生徒の一人がこう答えている。

 先生は、(私たちのことを)一番に思ってくれているんだなっていうことが、すごい伝わってきました。

 人権侵害であるはずの地毛証明書は、対話の結果、見事に「一番に思ってくれているんだ」と生徒自身に受容されていく。教師のやさしい語りかけが、生徒の心に届いたようだ。

頭髪指導という根源的問題

 それでも、私は問いたい。そこまで徹底した頭髪指導が必要なのか、と。

 地毛証明書は生まれつき茶髪の生徒を守るためだと言うけれども、そこには、「自分で髪を染めることは禁止」という大前提がある。

 地毛証明書を廃止すれば、きっと茶髪や金髪に染める生徒があらわれるだろう。教室内は、乱れまくりだ。

 だがそれは、「黒髪こそが正義」(あるいは「生まれつきの髪色こそが正義」)という厳格なルールがあってのことだ。そのような大前提そのものを取り払ってしまえば、目の前に拡がっているのは、ただのカラフルな髪色である。学校が恐れている「乱れ」というのは、ただの「多様性」にすぎない。

 多様性を尊重すれば、生徒をいちいち叱りつける必要もなくなる。学校外部から人権侵害と批判されることもなくなる。生徒は、上から言われたルールにただ従うだけではなく、自分で選択することを学んでいく。

学校から社会を変えていく

 もし学校側に「就職活動や入試のときに茶髪はやっぱり…」という不安があるなら、その直前の1ヶ月に、「場面をふまえて,的確に行動することも大事だ」と、黒色に染める選択肢を提案すればよいだろう。

 ただ願わくは、学校には子供の人権を尊重し、「学校から社会を変えていく」「未来の人材を育てていく」といった気概をもっていてほしい。そのためには、受け入れる側の企業や組織もまた、積極的に変わっていかなければならない。

 私が尊敬するとある市の教育長は、東京都のツーブロック禁止の話題を受けて、「ツーブロック禁止に腹が立っちゃって、さっそく髪を切ったときにツーブロックにしてもらったよ」と、うれしそうに話していた。

 3月の卒業式が終わると同時に、美容院には、髪を染めてもらうために高校生が駆け込んでくると聞く。学校とは、いったい何なのだろう。この春、我が大学には、頭髪も服装もカラフルな新入生がやってくる。

(内田 良)

あわせて読みたい

「ブラック校則」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  8. 8

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。