記事

公取委の“頑張り”がもたらすもの

年が変わった、ということで、「2012年」一年間のあれこれの数字が、ここ数日、新聞紙上を賑わせているのを良く見かける。

記事を見て、「やっぱり・・・」と思うことも多いのだが、以下の記事もまさにその典型。

「下請け業者に支払う代金を不当に減額したなどとして、公正取引委員会が2012年、下請法に基づいて発注元に勧告し、返還を求めた金額は約48億6800万円に上ったことが7日、公取委のまとめで分かった。11年と比べ約2.7倍に増加し、過去最多となった。」(日本経済新聞2013年1月8日付け朝刊・第38面)


記事の方はさらに続き、

「12年の勧告件数は11年より5件多い21件」

「発注元を指導した件数は12年1月~11月に3723件」

「12年の(書面)調査件数は5年前の1.3倍にあたる約22万件に上る見込み」


と、公取委が1年間「頑張った」成果が綴られている。

本来、公取委が発表する運用状況のデータは、年度単位で公表されているはずで*1、実務上、上記「年間」データにどれだけの意味があるのかは分からないのだが、節目節目で、こういう“右肩上がり”のデータが報道されれば、世の中に与えるインパクトも決して小さくはないはずだ。


もっとも、この「件数増加」は、世の中の動きにつれて・・・という代物ではない。

社会的に、俗にいう”下請けいじめ”的な行為が増えているか、と言えば、実態はむしろ逆。

それでも、上記のように件数が増えているのは、

「下請け業者に対する書面調査などを通じ、公取委が違反行為の発見に努めている」


といった、専らエンフォースメント側の事情にある。

もちろん、公取委がしっかり調査をするようになったことで、これまで隠れていた“陰湿な下請けいじめ”が明るみに出た、という、下請法の趣旨にぴったり添うようなエンフォースメント事例も決してないわけではないだろう。

しかし、その一方で、公取委が「事件」として挙げたものの中には、実質的に下請業者に大きな影響を与えないような、事務的なミス等に起因するものも少なからず含まれているはず。

そして、その背後には、唐突な「指導」を受けて憤っている企業の担当者も、少なからずいるはず・・・。

記事の中には、勧告件数の多くを占めた「PB商品の製造委託」について、

「メーカーからナショナルブランド(NB)商品を仕入れるのと同じ感覚で、値引きなどを求める業者が目立つ」


という公取委側のコメントも掲載されているが、「NB商品を仕入れるのと同じ感覚で」発注側の事業者が行動してしまう、ということは、裏を返せば、PB商品に係る製造委託取引も、NB商品に係る仕入取引も、当事者から見た実態はほとんど変わらない(ただ法だけが、杓子定規に前者だけを規制している)ということを示しているに等しいのではないだろうか?

「法律がそういう立てつけになっているのだから、しょうがない」という理屈は、一応受け入れざるを得ないとしても・・・


そういったことをいろいろと考えると,公取委は一体何のために頑張っているのだろう?という素朴な疑問がわいてくる。

昨年末にアップしたエントリーでも紹介したとおり*2、今の下請法には、いろいろと不可解な点が多いことが指摘されている中で、公取委が現行法で頑張り続けたらどうなるか・・・。

新年早々、いろいろと考えさせられた次第である。

*1:平成23年度に係るhttp://www.jftc.go.jp/pressrelease/12.may/120530.pdfなど参照。

*2http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20121224/1356647778。参照。

あわせて読みたい

「公正取引委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。