記事

滝川クリステル、進次郎氏の入院で「コロナ禍なのに面会」で波紋

滝クリは入院した夫と面会もできたという

 環境大臣の小泉進次郎氏(40才)の5日間の入院が波紋を呼んでいる。進次郎氏が体の“異変”を訴えたのは5月10日朝のこと。病院で「虫垂炎」と診断された進次郎氏は、1泊18万円という超豪華な個室に入院した。コロナ禍で医療体制が逼迫し、一般の患者がたらい回しにされる事態も起きるなか、異変を感じたら即検査、即入院、即手術という処置を受けたのだ。

【写真16枚】ヒールを履き子供を抱っこするパンツルックの滝クリ、タイトなデニムでお散歩中の全身姿なども

 それだけではない。

「今回の入院はいわゆる簡単な盲腸の手術です。しかし、コロナ禍であるにもかかわらず妻の滝川クリステルさん(43才)は進次郎氏の病室へ入って行った。これこそ“特別待遇”ではないかと指摘されています」(進次郎氏の知人)

 当該病院でも、原則面会は禁止されている。

「面会が許される特例は、生死にかかわるなど緊急事態で呼び出しがあったり、難しい手術での付き添い、また医師から診療に関する説明を受ける場合などに限られます。それも患者当人では治療方針を決められない場合などが想定されています。

 そういった意味では、今回の進次郎さんの手術はまったく面会が必要のない状況でした。滝川さんは手術の同意書を書くために病院を訪れたそうですが、それも電話でもできるようになっていますし、ましてや病室に入る必要はない。でも、彼女は手術の間、ずっと特別室で待っていて、進次郎さんと面会してから帰宅したそうです」(前出・進次郎氏の知人)

 ある医療関係者はこうため息をつく。

「コロナ禍にあって、患者さんへの面会はどの病院でも原則全面禁止なのは当然のこと。小さい子供の手術でも面会は限られ、危篤状態の人でも会えるのは1回に限るなど、本当に大事な人の死に目にも会えないような悲痛な状況が続いています。そんななかでの夫妻の行動には疑問符がつく。“自分たちは特別”と思っているのか、批判が出ても仕方がないのではないか」

 永田町関係者も苦笑する。

「完全個室で面会が“特別”に認められており、ルール違反をしたわけではないとしても、進次郎氏と滝川さんの行動は理解に苦しみます。5泊でトータル100万円近い入院費用。保険が下りたとしても自費の部分もあるでしょう。そうしたとき、税金を支払う国民感情に少しでも思いをはせないのでしょうか。自分たちがVIPとして過ごすことに少しの違和感もなかったのでしょうか。

 つい先日、ある代議士がコロナ以外の病気で入院しました。その代議士も個室に入院していましたが、家族はパジャマなどの必需品をナースステーションに渡しただけで、当然面会はかないませんでしたし、面会したいと申し出ることもありませんでした」

 振り返れば、結婚後のふたりは一般庶民が首をかしげざるを得ないような言動が取り沙汰されてきた。

「滝川さんは妊娠中に、アメリカではやっている安産を願うパーティー“ベビーシャワー”を催しました。会場は代官山の超有名フレンチレストランで、会費は1人2万円。しかも彼女自身が参加者たちに知らせてきた“欲しいものリスト”は1点5万円以上するものばかりだったそうで、価値観の違いに友人たちも驚いていました」(芸能関係者)

 昨年11月中旬には生後10か月の長男と愛犬を連れて、夫婦でイタリアンレストランへ。夜10時まで外食し、子育て経験のある女性たちから批判を浴びた。進次郎氏の発言も“迷走”が続いている。2019年9月には国連の気候行動サミット出席のために渡米し、謎の「セクシー発言」で世界中の顰蹙を買った。

 今年4月には「日本は温室効果ガスを46%削減する」という新たな目標を打ち出したが、「46という数字はおぼろげながら浮かんできた」と言い放った。

「もともと“その場の雰囲気を盛り上げる”だけの発言に歯止めがかからなかった進次郎氏。結婚後は滝クリさんがストッパー役になると期待されていましたが、ますますひどくなるばかり。今回の入院の一件も、ふたりの感覚がいかに世間とズレているかを表している」(政治部記者)

 進次郎氏が退院した翌日の夕方、滝クリは小雨が降るなか、右手で長男が乗るベビーカーを押し、左手で愛犬のリードを持ちながら自宅周辺を散歩していた。夫の総理大臣への道に黄色信号が点滅し始めていることも知らずに、道行く人に時折愛想を振りまきながら──。

※女性セブン2021年6月3日号

あわせて読みたい

「滝川クリステル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  4. 4

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  5. 5

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    「まだ気を緩めるな」マスコミや専門家はいつまで"コロナ禍"を煽り続けるのか

    PRESIDENT Online

    06月23日 15:11

  10. 10

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。