記事
  • ロイター
  • 2021年05月21日 10:20 (配信日時 05月21日 10:11)

5月ロイター企業調査:ワクチン遅れで事業に影響懸念、補正予算で普及促進を


[東京 21日 ロイター] - 5月のロイター企業調査によると、日本の新型コロナワクチン接種が遅れていることにより、事業への影響を懸念する企業が3分の2に上った。人々の行動に制限が掛かり続ける中、国内消費活動の停滞や海外との往来などの悪影響が予想される。企業からは、2021年度の補正予算編成により、ワクチンの普及促進を求める声が出ている。

調査期間は5月6日から17日まで。発送社数は482社、回答社数は229社程度だった。

日本のワクチン接種の遅れにより、事業に対し「影響がある」が28%、「今後出てくると思われる」が38%となり、影響を懸念する企業は合わせて66%となった。影響については「国内消費活動の停滞」が70%、「海外への出張・来日の停滞」38%、「生産・物流への影響」32%と続いた。

2021年1―3月期実質国内総生産(GDP)1次速報は前期比1.3%減、年率換算で5.1%減となった。1月の緊急事態宣言発令の影響が出た格好だが、足元では再度、緊急事態宣言が発令されており、4―6月期のGDPにも下押し圧力がかかる。

ワクチン接種が進まない中では、感染拡大・緊急事態宣言を繰り返し、経済回復の遅れにつながる。小売業や外食など人出減少により影響を受ける業種のほか、「顧客の設備投資計画や商談の進展に一部遅れが発生している」(機械)、「海外拠点生産へのサポートは、リモートでは限界がある」(輸送用機器)など、対面でのビジネスが制限されていることによる影響を指摘する声もあった。

一方で、鉄鋼・非鉄や電機、情報サービス・情報通信は「影響ない」との回答が5割を超えた。

コロナ対策で21年度補正予算編成は「必要」と答えた企業は84%となった。規模は「5兆円未満」が23%、「5―10兆円」が37%、「10―15兆円」が20%で、ワクチンの普及強化や医療体制の整備を求める声が大勢を占めた。このほか、「雇用調整助成金の現行制度での継続を強く望む」(サービス)、「低所得者への一律給付が必須」(輸送用機器)と、事業者・個人に向けた手当を求める声も多くなっている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  6. 6

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  7. 7

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。