記事
  • ロイター
  • 2021年05月20日 16:50 (配信日時 05月20日 16:49)

中規模M&A案件で競合と差別化、世界で上位に=大和証G社長


[東京 20日 ロイター] - 大和証券グループ本社の中田誠司社長はロイターとのインタビューで、M&A(買収・合併)の助言業務で500億―1000億円規模の中堅案件を伸ばし、競合とさらに差別化していく考えを示した。中規模案件の実績件数ランキング(リーグテーブル)は世界10位前後とここ数年で大きな変動はないが、ネットワークを広げるなどして上位に食い込む考えを改めて強調した。

大型のM&A案件が多い国内最大手の野村証券などに対し、大和証券G本社は数年前から中規模案件に重点を置くことで差別化を図ろうとしてきた。2018年にスペインのM&A助言会社を買収するなどネットワークの拡大を進めてきたが、中規模案件のリーグテーブルでは10位前後のまま。首位のロスチャイルドやフーリハン・ローキーなどとは「だいぶ差がある」(中田社長)状態だ。

中田社長は、ネットワークをさらに広げるとともに、国内市場で中規模案件が多いという優位性を生かし、「中長期にはトップティアに持っていきたい」と語った。約3兆5000億円ある世界全体のM&A関連手数料のうち、半分強を1000億円未満の案件が占めているとし、「十分にその中で収益機会はあると思っている」と述べた。2022年3月期はM&A業務で300億円程度の純営業収益を目指しているという(前期は267億円)。

中田社長はこのほか、昨年12月に51%を出資して中国に設立した合弁会社について、5月中、遅くとも6月中に営業開始できるとの見通しを示した。投資銀行、株式関連、債券関連の3事業から始める。大和証券Gが同国市場に参入するのは2回目。04年に合弁の形で進出したが、主導的に経営を進めることを制限する規制が運営上の壁となり、14年に撤退した。

※インタビューは19日に実施しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  2. 2

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  7. 7

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  8. 8

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  9. 9

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  10. 10

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。