記事

韓国の経済の民主化

日米韓の議員で議論をしていると韓国の議員から「経済民主化(Economic Democracy)」という言葉が出ます。

詳しく聞くと、サムスンや現代自動車などの韓国の大企業に利益が集中し、それに対する国民の反感が相当高いとのことでした。
韓国大統領選挙でもこの点は大きな論点となったとのことです。
朴候補はあまり大きな変革を言わず、文候補は大きな変革を行うと発言したことから、文候補から支持が離れたとのではないかとセヌリ党の議員が言っていました。

韓国は2011年と2012年に貿易額が一兆ドルを超えています。
これはFTA政策を強力に進めるとともに産業競争力を政府が相当テコ入れした。特に、中小企業にも大きく支援を行ったとのこと。
しかしながら、国民の間では、格差の拡大や強くなり過ぎた大企業(大財閥)への反発が大きく。大統領選挙でも争点になったが、結局は朴候補が勝利し、現在の路線は維持されるとのこと。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。