記事

ミャンマーで拘束の北角裕樹さん「刑務所で政治犯と約束した。世界に伝えることが僕のミッション」 クーデター取材中に何が起きたのか。ジャーナリスト・北角裕樹さんに聞く - 渋井 哲也

1/2

 今年2月にクーデターが起きたミャンマーで、国軍に拘束されていた日本人ジャーナリストの北角裕樹さんが解放され、5月14日に帰国した。2014年から最大都市・ヤンゴンに住み、取材を続け、情報を発信してきた。

【写真】この記事の写真を見る(5枚)

 しかし、クーデターの取材中に“虚偽のニュースを発信した”などの疑いで2度逮捕された。現在は新型コロナ対策のために、自宅待機となっている。そんな中、5月18日、筆者の電話インタビューに答えた。

「スーチーさんが捕まったらしい」と

――クーデター中のミャンマーで“虚偽ニュースを広めた”とする罪などで起訴され、収監されていましたが、逮捕から26日ぶりに解放されて、帰国しましたね。

北角 日本に帰国したのは2年ぶりです。しかし、新型コロナの水際作戦のため、最初の3日は成田市内のホテルで、その後は自宅で待機となっています。そのため、まだ社会に出ていないのと同じで、解放された実感はありません。


5月14日、帰国した成田空港で会見する北角裕樹さん ©AFLO

 ミャンマーに住むようになったのは、2014年末です。日本での仕事を辞め、しばらくは無職でふらふらしていました。ノープランで、気になる世界の国を旅していました。ミャンマーはその一つでした。いい国だなと思っていましたし、1年後に総選挙がある時期でした。「ちゃんとした選挙をするのかを見てみよう」と思っていました。そんなとき、情報誌の求人があり、応募しました。1年ほど、編集に携わりましたが、その後、独立してフリーになりました。

――今年2月1日にクーデターが起きました。予兆は感じていましたか?

北角 2021年1月末に、20年11月の総選挙【筆者注:アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が8割を超える議席を獲得した】で不正があったと国軍が主張していました。また、ヤンゴンの街中では装甲車が目撃されるなど、不穏な雰囲気が漂っていました。しかし、私も含めて、ヤンゴンの人たちは、国軍がクーデターを起こすとは思っていませんでした。

 そんな中、2月1日未明。クーデターが起きました。その日、ヤンゴンではインターネットが通じませんでした。いろいろ話を聞くと、「スーチーさんが捕まったらしい」と。「軍が全権を掌握した」と。そうこうしているうちに、喫茶店で政府系のテレビ番組を見ていると、軍が非常事態宣言を発して、「国家統治評議会」が全権を掌握したと放送していました。

経済活動のためのインターネットは許可

――当初、ミャンマーの情報を音声SNS「Clubhouse」で伝えていた現地の日本人がいたのですが、ネットの遮断は都市部だけでしょうか?

北角 インターネットの遮断はおそらく全国的なものだと思いますが、通信方法によってタイムラグがあったと思います。地方によっても差があったのかもしれませんが、わかりません。ネット接続は、光ファイバーや電話回線を会社や自宅に引いたものしか利用できませんが、光ファイバーがある家は少ないです。モバイルデータ通信もワイヤレス・ブロードバンドを介したWi-Fiも利用できなくなりました。ただ、ボイスコールができていました。

 全面的に遮断できなかったのは、経済への影響からでした。よく言われているのは銀行です。インターネットが遮断されると、決済ひとつもできません。そのことを軍ははじめ知らなかったようです。軍としては、経済をちゃんと運営していると言いたいのでしょう。ただ、モバイルは個人が多いので、「治安を乱す」という理由で禁止しました。会社は経済活動を続けることが必要なので許可しますということなのでしょう。

ヤンゴンでも始まった治安部隊による鎮圧

――ヤンゴン市内でのデモや集会の緊迫感は?

北角 もともと平和的なデモや集会でした。音楽を歌ってみたり、シュプレヒコールをあげてみたり。当初はまだ数千人単位の集会でした。1回目に逮捕された2月26日は、民衆が高架橋下で集会をしていたのを取材していました。そうすると、道路の反対側に治安部隊が横一列になりました。20~30人だったと思います。治安部隊が盾を警棒で叩きながらゆっくりと行進してきました。

 僕がいた一角には数百人単位の人たちがいました。そのため、すぐには撤退できる状況ではありませんでした。治安部隊がゆっくり近づいてきましたので、民衆の側もゆっくり逃げていました。そのため、僕も一緒に逃げました。デモや集会を鎮圧する現場に遭遇するのは初めてでしたので、非常に緊張していたのを覚えています。

 治安部隊による鎮圧は、ヤンゴン以外の都市ではもっと早く行われていました。逮捕される前日には、ヤンゴンで治安部隊による発砲がありました。他の都市では、すでに民衆が撃たれていました。ヤンゴンでも鎮圧を始めるという方針転換があったのでしょう。僕も身の危険を感じました。

ジャーナリストが相次いで摘発

――1度目の逮捕のことを教えてください。

北角 鎮圧されるときに現場で捕まっています。護送車に乗せられ、中に入りました。次から次へとデモや集会の参加者が逮捕されていきました。非常に長い間、護送車にいて、暑かったのを覚えています。車内で、記者証やパスポートなどをチェックされました。この時点では、外国人との認識がなかった可能性がありました。

 治安部隊側の言い分としては「ジャーナリストとは思わなかった」「防弾チョッキを着ているので、怪しいテロリストと思った」というものでした。そんなはずはないです。たしかに、防弾チョッキは着ていました。しかし、僕は大きなカメラを持っていましたし、ヘルメットには「PRESS」と書いていましたから。僕が狙われたわけではないですが、ちょうどこの頃、ジャーナリストが相次いで摘発されたのです。翌日にも、ジャーナリスト6人が捕まっていました。

「ジャーナリストを含めて、摘発するように」との指示があったのだろうと思います。そうしたら現場にジャーナリストがいた、だから捕まえた、という感じだと思います。

 釈放されるとき、書類を書かされました。1)拘束される際、暴力を受けていない、2)持ち物は全部返却された、3)釈放にあたって金銭を要求されていない。この3点について書かれた同意書にサインをすれば釈放されるということでした。しかし、1)について、僕は、棒で殴られているし、後ろ手にされて腕が痛かったので、「それはおかしいじゃないか」と話したんです。頑として譲りませんでした。

 そうしているうちに、電話が許され、自分が大使館に連絡しました。結局、治安部隊側が根負けをして、僕が言う通りに1)については、同意をすることはありませんでした。

あわせて読みたい

「ミャンマー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  5. 5

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  6. 6

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  9. 9

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  10. 10

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。