記事
  • ロイター
  • 2021年05月20日 13:25 (配信日時 05月20日 13:25)

米政府、新型コロナ対策の入国制限見直しを検討


[ワシントン 19日 ロイター] - 米国のバイデン政権は、新型コロナウイルス対策として導入した入国制限の見直しを検討している。政府筋や業界関係者が明らかにした。ただ、結論には至っていないという。

入国制限は2020年序盤に初めて導入。米国は現在、世界の多くの国からの入国を制限している。

欧州連合(EU)は19日、夏の観光シーズンを前に、域外からの渡航制限を緩和することで合意した。

バイデン政権は1カ月以上前から会合を重ね、いつどのような形で入国制限の緩和を開始できるのか、業界関係者に話を聞いている。

ホワイトハウスの報道官は、ワクチン接種を受けた欧州からの渡航者に入国を認めるかとの質問に対し、現時点で入国制限の変更は計画されていないと答えた。

米旅行協会は「EUのリスクに基づく、科学的根拠のある海外旅行の再開計画を受けて、米国が、安全な国境再開に向けた計画と日程を求める多くの声に耳を傾けることを期待する」と表明した。

ブティジェッジ米運輸長官は19日の会見で「(制限措置の解除は)最終的には公衆衛生上の決定となる。省庁間で作業を進めているが、当然、米疾病対策センター(CDC)が主導的な役割を担っている」と発言。

安全を最大限確保し、旅行の制限を緩和する上では「二つの見方がある。国に目を向けるのか、旅行者に目を向けるのかだ」と述べた。

米欧の旅行会社・航空会社・労組・企業・空港の団体が結成した連合は、「安全性を確保した上でできる限り早期に」米英を結ぶ航空便を完全に再開するよう要請しており、両国政府が6月初旬までに制限措置を解除することに期待を寄せている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  4. 4

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  8. 8

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  9. 9

    【世界ALSデー月間特別寄稿④〜トリアージは既に当たり前に行われている⁉️〜】

    恩田聖敬

    06月20日 09:00

  10. 10

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。