記事
  • ロイター
  • 2021年05月20日 11:21 (配信日時 05月20日 11:14)

印・欧州の製油所がイラン産原油購入再開へ、米経済制裁解除なら


[ニューデリー/ロンドン 19日 ロイター] - インドの複数の製油会社と欧州の少なくとも1社が、米国による対イラン経済制裁が解除される可能性をにらみ、今年下半期(7─12月)にイラン産原油の購入を検討している。企業関係者やトレーダー筋が語った。

米国のトランプ前大統領は2015年のイラン核合意を破棄し、18年後半に同国に経済制裁を発動した。

それまで、欧州とトルコは日量50万バレル近いイラン産原油を購入していた。中国に次ぐイラン産原油の顧客であるインドは、18会計年度(18年4月─19年3月)に日量48万バレルを買い付けていた。

現在、欧州の製油企業少なくとも1社が、イラン産原油の購入再開に向け、イラン国営石油会社(NIOC)と突っ込んだ協議を進めている。またインドの製油所は、イラン産原油の購買余地を確保するため、スポット契約での買い付けを減らす計画だ。

インドは2019年、米経済制裁を暫定的に免除する措置の期限が切れたのを受け、イラン産原油の輸入を停止していた。

インド国営製油会社バーラト・ペトロリアム(BPCL)は、原油輸入全体の45%をスポット購入で賄う方針。同社スポークスマンは、制裁が解除されればイラン産の購入を再開すると語った。

ヒンダスタン・ペトロリアム(HPCL)のスラナ会長はロイターに対し、価格が妥当で経済性があればイラン産原油の買い付けを再開するとした。

インド最大の製油会社インディアン・オイル・コープ(IOC)の関係者は、現行年度はスポット購入を減らし、イラン産原油約200万トン(1460万バレル)を処理する用意があることを明らかにした。

マンガロール石油精製化学の関係者も、スポット購入を減らし、イラン産原油を購入すると述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  6. 6

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  7. 7

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  10. 10

    日本に必要な国産ワクチン 「掛け捨て」で次の危機に備えよ

    WEDGE Infinity

    06月21日 15:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。