記事
  • ロイター
  • 2021年05月19日 23:25 (配信日時 05月20日 14:10)

EU、域外からの渡航制限緩和へ ワクチン接種者許可=関係筋


[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州連合(EU)が夏の観光シーズンを前に、域外からの渡航制限を緩和することで合意したことが、複数の関係筋の話で分かった。これにより英国から全ての場合の渡航が可能になるほか、米国からは新型コロナウイルスワクチンの接種を受けていれば渡航できる見通し。

EUの執行機関である欧州委員会は今月3日、特定の国・地域に「安全」判定を下し、完全にワクチン接種を受けた人の域内への渡航を認めるよう提案。関係筋によると、EU加盟27カ国の外交官がこれを承認した。これを受け、週内、もしくは来週初旬に新たなリストが策定される見通し。

EUは現在、過去14日間の新規感染者数が10万人当たり25人以下であることを渡航許可の主な要件に設定している。欧州委はこれを100人以下に緩和することを提案。EU外交官は75人以下とすることで合意した。

ワクチン接種の要件については、EU当局が承認済みのワクチンに限定。世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに含まれているワクチンを受けた人への対応については、今後検討する。接種は渡航の少なくとも14日前までに済ませる必要がある。子どもについては、両親がワクチン接種を受けていれば同行が可能。加盟各国は新型コロナ検査の陰性結果の提出や自主隔離を義務付けることもできるとした。

このほか、変異株の感染拡大リスクを限定するために、必須の渡航以外は禁止する非常措置が一時的に導入される可能性があり、インドに対するこうした措置の導入が提案された。

欧州疾病予防管理センター(ECDC)のデータに基づくと、英国を含む複数の国が新たな基準を満たす見通し。ただEU外交官は、インドで検出された変異株が英国で広がっていることに留意する必要があると述べた。

米国は新たな基準は満たさないが、ワクチン接種を受けたことが証明できればEU域内に渡航できる。

現在の要件の下で観光目的でEU域内への渡航が許可されているのはオーストラリア、イスラエル、シンガポールを含む7カ国のみ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  8. 8

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  9. 9

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。