記事

田村正和さんはどうなる? 名作ドラマの再放送が絶滅寸前の理由

田村正和さんが出演した名作ドラマの数々はどこまで再放送されるか(時事通信フォト)

 俳優の田村正和さんが心不全のため、4月3日に死去していたことが、5月18日に判明した。77歳だった。田村さんは1961年に映画『永遠の人』でデビューすると、1970年代に『眠狂四郎』(フジテレビ系)、1980年代に『うちの子にかぎって…』『パパはニュースキャスター』(ともにTBS系)、1990年代に『パパとなっちゃん』(TBS系)、『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ系)、2000年代に『オヤジぃ。』(TBS系)など、長期にわたって、数々のヒットドラマに出演。日本芸能史に名を残す俳優だった。テレビ局関係者が話す。

【写真】田村正和さんの珍しいプライベート私服ショット。近年は仕事をセーブしていた。ブラウンのTシャツ姿で街を散歩する様子。ほか、若き頃の写真や「パパはニュースキャスター」の時の貴重カットも

「田村さんのドラマをもう一度、見たいという声はよく聞きます。近年、俳優さんや映画監督が逝去された直後に作品の再放送はありますし、絶対無理というわけではありません。田村さんのドラマや映画も、地上波で何かしら放送されるのではないでしょうか。

 ただ、局としても、たくさんの出演作を再放送したいのは山々なのですが、過去の作品になればなるほど、ハードルが高くなります。出演者には、著作権法で『著作隣接権』が認められています。そのため、二次利用をするときには、出演者に許諾を得ないといけません。最近の作品であれば、連絡先も比較的容易にわかりますが、40~50年前の映画やドラマだと、既に芸能界から去った方もたくさんいますし、居場所を探すだけで一苦労します。ちなみに、『著作隣接権』は実演を行った時から70年間存続します」

 昭和の頃はテレビで10年前や20年前近くの作品が頻繁に再放送されていたが、平成中期からはあまり見掛けなくなった。平成に入ってから著作権法の一部が改正され、権利者の許諾を必要とするようになったからだ。

「再放送を拒否する事務所やタレントもいます。それは、仕方ないと割り切れる。しかし、ドラマや映画は出演者が多いため、単純に連絡先がわからない人が出てきて、見送るケースも結構あります。これは、もどかしいですね。ようやく判明して、電話をするとすぐオーケーを出してくれる場合もよくあるんですよ。でも、法律上の問題なので、連絡せずに勝手に放送するわけにはいかない。配信であれば、連絡先不明の場合、配信に際して権利者の申し出を募り、確認が取れれば著作権料を支払うこともできるし、嫌ならばボカシを入れるなどして処理をすればいい。しかし、地上波ではそうはいかないですから」

 社会情勢を鑑みると、今後は名作が埋もれる危険性が高くなりそうだという。

「例えば、出演者である既婚者の男性が亡くなり、既に妻に先立たれていた場合、子供に連絡を取りますが、その子供も死去し、結婚していないとなると、誰に許諾を得ればいいのか宙ぶらりんになる。すると、その作品は放送や上映ができなくなる。もちろん、出演者の大事な権利である『著作隣接権』は、尊重されるべきだと思います。ただ、少子化の上に、婚姻率も下落している。誰に許諾を取ればいいか不明なケースが増えていきそうなので、何らかの対応を考えなければならない時代が早晩訪れると思います」

 他にも、昔の作品の再放送が減ってきている理由はいくつかある。

「昔の作品をそのまま放送すると、今の放送禁止用語が入っていたり、差別的な表現が含まれていたりする場合も結構あります。各局とも、コンプライアンス憲章のようなものがあるので、地上波では流せないドラマも存在します。出演者が不祥事を起こして放送できないこともある。でも、ドラマはあくまでドラマですし、当時の作品をそのまま見ることも日本の歴史や当時の文化を知る上で必要でしょう。そうやって封印することは、あまり良くないとは思うんですけどね……」

 過去の作品が事実上消えてしまうことは、視聴者のみならず、出演者も望んでいないかもしれない。著作権の扱い方は、今後のエンタメ界の課題の1つとなるのではないだろうか。

あわせて読みたい

「田村正和」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  5. 5

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  8. 8

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。