記事
  • ロイター
  • 2021年05月19日 14:05 (配信日時 05月19日 14:09)

経済の持ち直し続く、必要に応じコロナ対応策の延長検討=日銀総裁


[東京 19日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は19日、内外情勢調査会で講演し、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でも、経済活動は対面型サービス部門以外では相応に維持され、持ち直しの動きが続いているとの見方を示した。ただ、ワクチン接種の状況によっては経済活動への下押しリスクがあると指摘。感染症の影響を注視し、必要であれば、9月末に期限を迎えるコロナ対応特別プログラムの延長を検討すると述べた。

黒田総裁は講演後の質疑応答で、緊急事態宣言などによって「経済活動の水準は当面、対面型サービス部門などを中心に感染症拡大前に比べて低めで推移するとみられる」と述べた。

経済の先行きについては、講演の中で、感染症の影響が徐々に和らぐもとで外需の増加などに支えられて回復していくとの見方を改めて示した。

米国経済は、大規模な追加経済対策やワクチン接種ペースの加速により「目立って回復している」と述べた。また、国内で「所得から支出への前向きな循環メカニズムが、企業部門ですでにみられ始めている」とし、企業収益の改善が設備投資につながっていると指摘した。

黒田総裁は米国でインフレ圧力の高まりに懸念が出ていることに言及。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はインフレ率の高まりは「一時的な現象にとどまる」との見方を示しているが、「引き続き、国際金融市場の動向や世界経済の動向を注視していく必要がある」と述べた。

黒田総裁は、感染拡大で経済見通しには不確実性が大きいと重ねて強調。「ワクチンの普及ペースや効果には不確実性があり、経済活動への下押し圧力が強まるリスクがある」と述べた。

黒田総裁は3月の政策点検について説明した上で、「金融緩和が長期間継続する中、緩和の効果だけでなく、副作用にも配慮しながら丁寧に政策運営していく」と語った。政策手段が複雑になっているが、物価目標の実現を目指して金融緩和を行っている方針自体は明確だと述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  5. 5

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  8. 8

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  9. 9

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  10. 10

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。