記事
  • ロイター
  • 2021年05月18日 19:35 (配信日時 05月18日 19:27)

EEX、日本の電力先物市場参入1年でシェア9割超 さらに成長へ


[フランクフルト 18日 ロイター] - ドイツ取引所傘下の欧州エネルギー取引所(EEX)は、日本の電力先物市場の取引参加者が今年、倍増する可能性があるとみている。EEXは昨年5月に日本で電力先物取引の清算事業を開始。現在、20前後の取引参加者を有する。取引量は3テラワット時(TWh)を超え、90%以上のシェアを占める。

EEXの電力デリバティブ部門ディレクターのステファン・リーディガー氏はインタビューで、今年初めの大寒波を機に電力卸売取引への関心が高まっていると述べた。

大寒波で電力需要が急増し、一部電力小売業者は対応しきれず電気料金が跳ね上がった。原子力や再生可能エネルギーによる発電では十分でなく、天然ガスの輸入に依存する日本の実情が明らかになり「供給ギャップのヘッジの論理的根拠、先物、特にカウンターパーティーリスクを排除する、取引所で取引する先物の重要性が示された」とリーディガー氏は指摘した。

同氏によると2020年5月18日に日本で清算事業を開始して以降、これまでの取引量は3TWhで、人口35万人の都市の1年分の電力に相当する。

日本の1年の電力使用量(1000TWh)に比べると微々たるものだが、使用量がドイツの2倍という日本で電力先物の成長可能性は大きい。

EEXは、日本卸電力取引所(JEPX)の指標を基に期間が週間、月間、四半期、季節、年間とあり、最長で6年の取引商品を提供する。

EEXのステフェン・ケーラー最高執行責任者(COO)は、ドイツと比べて日本の電力市場の成熟ペースは予想以上に速かったと述べた。

2021年第1・四半期の日本での電力先物取引量は2.32TWhで、市場全体の96%を占めた。残りは東京商品取引所(TOCOM)だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  9. 9

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。