記事

政府による債権買取機構は必要か

 記者から政府による大規模な債権買取ファンドの必要性について問われることがあります。その度に、私は「将来必要になるけれど今は時期尚早ではないかと個人的には感じてます」とお答えしています。

 ワクチン確保の見通しがついたとはいえ、今もなおコロナとの闘いとの途上です。今は一社でも多くの企業に事業を継続してもらうことが何よりも重要です。そのため、政府は政府系金融機関を通じて数十兆円の無担保無利子融資をはじめ資金繰り支援を徹底するとともに、民間金融機関にもプロパー融資を果断に行うことを幾度も要請してきました。その中で、事業再生の議論を全面に持ち出すことは、貸し手にも相応の負担を求めることを意味します。ひたすら資金繰り支援をお願いしている最中での、こうした議論は不用意な貸し渋りをもたらしかねず賢明ではありません。

 企業にとっても得策とは言えません。仮に大規模な債権買取ファンドを政府が設立するとなれば、税金の投入も免れません。そうなった場合、全ての企業を税金で救済するというのも現実的でありません。過去の例を見ても、どの企業をどういう条件で救済するのかという基準づくりは避けて通れません。しかし、コロナが終息していない中で、基準を満たすかどうかの見通しを求めることは、生き残りをかけて懸命に努力している企業に水をさす行為になりかねません。

 現在の緊急融資の規模を考えた場合、相当の予算規模が必要となります。そこに不足があってはなりません。そのためには、通常の経済活動への回帰が明らかになった落ち着いた段階で、しっかりとした国民的な議論を行うべきと思います。

 冒頭に述べましたように、債権買取ファンド構想は将来的に必要になる可能性が高いと考えています。コロナ禍で多くの企業が過剰債務を抱えるようになりました。過去の経済危機との違いは、大企業でなく中小企業が、グローバル企業(G)でなくローカル企業(L)に影響が直撃している点です。このまま放置すると、いわゆるデッド・オーバーハングが生じ、日本の潜在的な経済成長を長期間押し下げる要因になりかねません。それを防ぐためにも、官民挙げて、過剰債務を解消する仕掛けが不可欠です。バブル崩壊とその後の後遺症の二の舞は避けねばなりません。

 ただし、これも繰り返しになりますが、今は資金繰り支援に徹する局面です。事業再生支援は、DBJ、REVICや中小機構等と連携しつつ可能な範囲で実施すべきです。こうして、将来圧倒的に不足するであろう企業再生人材を先を見据えて育成しつつ、ポストコロナで”攻め“の経済対策が行えるようになった局面で、政府による大規模な債権買取ファンドも含め、大掛かりな事業再生に着手すべきと思います。

あわせて読みたい

「債権」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。