記事

【読書感想】悪の処世術

1/2

悪の処世術 (宝島社新書)
作者:佐藤 優
発売日: 2021/05/10
メディア: 新書







Kindle版もあります。

悪の処世術 (宝島社新書)
作者:佐藤優
発売日: 2021/05/10
メディア: Kindle版

プーチン、習近平、トランプ、ヒトラー、スターリン……権謀術数が蠢く政治の世界で、「悪」と謗られる男たちがなぜ権力を掌握することができたのか。佐藤優が読み解く、独裁者たちの手腕と人間力の神髄!

 歴史を学んで、「独裁者」たちがやってきた酷い所業を知ると、「なんでこんな人が、権力を握ることになったのだろう?」と疑問になるのです。

 ヒトラーやナチスは、第二次世界大戦後の世界で「悪の象徴」であり続けているわけですが、いまのドイツ人たちの先祖の多くは、あの時代にヒトラーを支持していたんですよね。もちろん、消極的に、だったのかもしれないけれど。

 プーチン、習近平、ドナルド・トランプ、金正恩、バッシャール・アル・アサド(シリア)、エンベル・ホッジャ(アルバニア)、アドルフ・ヒトラー、毛沢東、スターリン、カダフィ大佐、金日成(以上、敬称略)という11人の独裁者について、佐藤優さんが紹介した本なのですが、佐藤さんは、彼らを「こんな酷いことをした悪人たち」というスタンスで論じているのではありません。

 彼らが権力を握ったのには、それなりの理由があるし、行った「悪事」についても、結果的にはその時代に政治的な安定をもたらすためには必要だったものもある、と評しているのです。

 そして、彼らは、他人を見下し、弾圧するだけの権力者ではなく、人間的な魅力を垣間見せることもあったのです。

 独裁者、といっても、ここに出てくるような20世紀以降の権力者たちは、少なくともその権力を握るまでの過程で、国民、あるいは属している組織からの圧倒的な支持を得ています。

『北斗の拳』のラオウのような、「個人の圧倒的な力だけで、逆らうものを徹底的に抑えつけてきた」わけではないのです(いや、ラオウにも人間的な魅力はあるとは思いますけどね)。

 ここに出てくる11人のなかで、もっとも知名度が低いのは、アルバニアのエンベル・ホッジャという人ではないでしょうか。

 この本の「はじめに」で、佐藤優さんは、こう書いています。

 私が20世紀の独裁者の中で最も興味を持っているのが、アルバニアに君臨したエンベラ・ホッジャである。

 ホッジャは1941年にアルバニア共産党を創設、イタリア・ファシスト軍とナチス・ドイツ軍を相次いで撃退したのち、1944年に新生アルバニアの首相に就任すると、理想の共産主義国家の建設に邁進する。鉄の意志でマルクス・レーニン主義を貫き、スターリンの方法論に忠実であろうとしたホッジャは、そこからブレたと見るや、大国のソ連や中国と大げんかすることも躊躇しなかった。

 いかなる「修正主義者」たちの存在も許さず、かつての同志ですら抹殺し尽くした。アルバニアの人民の自由を徹底的に奪い、信仰心をも取り上げて、「世界初の無神論国家」をつくりあげた。事実上の鎖国状態を保ちながら平等を実現させて、決して人民を飢えさせることのない国を守り続けたのだ。

 ホッジャの死後、アルバニアは少しずつ国を開いていた結果、外からのさまざまな情報がアルバニア国内に入り込み、人々は雪崩を打って海外に亡命した。決して飢えることはない国から、人々は逃げ出したのである。アルバニアという国は内側から瓦解した。市場経済において国際競争力のある商品が何もなかったアルバニアはたちまち経済的にも破綻し、国内は大混乱に陥った。今や国際テロリズムや犯罪の温床となっている。

 国民を飢えさせない。誰もが平等に生きられる社会をつくる──。そのためには、パンを10個も20個も独り占めするような自由を許さず、パンを等しく人々に分配しなければならないとホッジャは考えた。エンベル・ホッジャとは、ドストエフスキーの名著『カラマーゾフの兄弟』に登場する大審問官だったのである。そして、ホッジャが構築した楽園は崩壊した。

 ホッジャという人は、理想を実現するためには妥協を許さない人だったのです。

 そして、彼が厳格にアルバニアを「閉じた世界」にしているあいだは、人々は繁栄や発展を享受できない代わりに、飢えることもなかった。

 ところが、ホッジャの死にともなって、外の世界との交流が盛んになると、人々は「飢えないし、内部では平等な国」から、どんどん逃げ出していったのです。

 この本のなかで、カダフィ大佐も出てくるのですが、カダフィ大佐が欧米との対話を進めるようになり、リビアへの諸外国の影響が強くなったことで、カダフィ大佐は結果的に権力と命を失い、リビアは今も混乱のなかにあります。

 西欧が理想とする「民主主義国家」というのが、どこにでもあてはまるベストの政治形態とはかぎらない。

「ひどい独裁」のあとに、「もっとひどい混乱」に陥ってしまった国はたくさんあるのです。

 佐藤さんは、ロシアのプーチン大統領のこんな姿を紹介しています。

 ロシアでプーチン大統領と会談予定だった小渕恵三首相が急病で倒れたあと、後継首相の森喜朗さんとの会談を要請するために、鈴木宗男さんがプーチン大統領に会ったときの話です。

 プーチンとの会談の席で、鈴木は小渕総理の魂が乗り移ったかのように日露外交のために言葉を尽くしていた。

「この席に小渕さんが座っているように思う」とプーチンが言ったとたん、鈴木の目から涙があふれた。プーチンはしばらくそんな鈴木の様子を見つめていたが、やがてプーチンの瞳からも涙がこぼれ落ちたのである。この席で、森・プーチン会談の日程が決まったことが、その後の北方領土交渉を肯定的に切り開いていくことにつながった。これが政治の力である。

 会談が終了し、退室しようとする鈴木にプーチンが声をかけた。

「できればのお願いなのだが」と前置きし、ロシア正教会のアレクシイII世総主教(最高指導者)訪日の際に天皇陛下に謁見できるように働きかけをしてもらえないか、と言う。

「もしも迷惑にならなければ」とプーチンは付け加えた。

 鈴木は「全力を尽くす」と約束し、実際にその謁見を実現させた。

 プーチンは信頼する相手にしか「お願い」はしない。しかも、無理難題を押し通すのではなく、あくまでも「迷惑にならなければ」という態度で依頼する。

 具体的な人間関係を通じて相手の民族や国家を見極め、時に鉄仮面の下に感情をさらけ出し、人の心にぐっと入り込んでくる。

 独裁者の多くは、人の心を掴む術に長けている。一方で、自分の地位を盤石なものとするために、敵と見定めた相手には容赦しないのである。

あわせて読みたい

「独裁政治」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  2. 2

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  3. 3

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  6. 6

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  7. 7

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  8. 8

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。