記事

コロナ感染拡大の最大の犠牲者は子どもたち 菅政権と無節操な大人たちは反省せよ!

コロナ感染拡大は沈静化する兆しは全くありません。
 厚労省資料

2021年5月17日0時48分

 コロナ感染拡大の最大の被害者は飲食店でも航空業界でもありません。子どもたちです。
 昨年も入学式が中止になったり休校となって友達とのコミュニケーションもままならない状態となり、一番の成長時期、楽しい時であるにもかかわらず、本当に悲惨な状態に置かれました。

小中学校でのデジタル化、オンライン化という平井、河野両大臣の馬鹿げた発想 萩生田光一文科相がしごく真っ当

 今年は、昨年よりも悪化しています。子どもたちにも感染が拡がっているという現実です。感染源は学校ともされています。

 1人の生徒が感染したことによって学校内で感染の可能性は出てきます。
 しかし、最初の感染は大人からです。学校ではありません。
 家庭内で感染したか、3密のようなところに大人が連れて行ったのか、いずれにせよ最初のきっかけは学校ではないでしょう。

 変異株の出現がさらに子どもたちへの感染拡大に拍車を掛けましたが、これに対する対策は後手後手のレベルで菅政権の対応は本当にひどいものです。
 感染爆発を起こしたインドからの入国制限もようやくという始末。
 封じ込めの優等生とされた台湾、シンガポールでも拡大傾向だそうです。

台湾やシンガポールも…コロナ対策の「優等生」に異変」(朝日新聞2021年5月16日)

 何故、ここまで見通しが甘かったかといえば、どの政府もワクチンに過剰な期待をしていたから。
 米国ではマスク嫌い、ワクチン嫌いへの対策としてワクチンを打ったらノーマスクで良いというようにしてワクチン接種を促しているそうですが、結局のところ一番期待しているのがワクチンだということがわかります。

 経済との両立という発想がどうしても抜けないものだからワクチン頼みになるのですが、ワクチンを接種したからといって感染しないではなく、あくまで発症を抑える、発症しても軽症で済むようにするためのものです。
 大きな勘違いがワクチン接種すら無意味にしかねない状況があります。

 そして飲食店に対する営業時間の短縮と酒類提供の禁止。
 特に酒類提供の禁止は遅きに失しました。最悪なのが飲酒です。長時間ダラダラとするだけでなく、酔っ払って自制心も失った状態で至近距離で飛沫を飛ばしながらの「会話」(酔っ払っているから会話自体は成り立っていない)ですから、当然に感染は拡大するでしょう。

 この記事が的確に飲酒状態の問題点を指摘しています。

友人と「マスク会食」をした中居正広 酒が進むと「雑になっていく」」(スポニチアネックス2021年5月16日)

「酒が進むにつれ「大雑把に雑になっていく。いつの間にかマスクはあごに引っかけっぱなしになったりだとか、いつの間にか距離が1メートル弱になったりだとか。いつの間にか隣同士、向き合ってしゃべったりだとかっていうのが瞬間的にあったりして。『あっ、これね!』って。外に友達と行ったら(楽しくて)こうなっちゃうんだ…と思って。経験をして良くないなって」」

 北海道新聞の記事では時短営業や酒類の提供の禁止では不十分だという指摘があります。

第4波、クラスター発生場所に変化 専門家「酒類停止の効果限定的」」(北海道新聞2021年5月12日)

「北海道医療大の塚本容子教授(感染管理学)は、第4波で飲食店でのクラスターが減った理由について「店の対策に加え、会食の人数を4人以下にするなど市民の行動の変化が、クラスター抑止につながった」と分析する。」

 その根拠としては感染源が飲食店以外のところが大きくなっていることを指摘していますが、正直、「それは違うでしょ!」と思いました。

 以前から常識ある人たちは飲酒の場は行かない、短時間で切り上げる、深酒はしないなど自制していました。だから飲食店、特にアルコールを提供する店舗の経営が厳しいと言われていたのは以前からです。それでも酒類を提供する店舗に人が集まったり、路上での飲酒なども問題になってきていたのは、絶対に問題ある飲酒の仕方を止めない層が一定数あったからです。

罰金を払っても営業? という飲食店とは何だろう やっぱり酒か

 そうした層の人たちが感染を拡大させてきたことは明らかで、それが子どもたちに感染を拡大させてきたということです。

 酔っ払いが家に帰ってマスクしているんですか。子どもたちに感染させていますよ。

 だから種類提供禁止などが感染を抑える効果について、既に人々が自粛しているから効果は限定的という塚本容子教授の見解には疑問があります。

 もっとも一旦、子どもたちレベルにまで感染が拡大してしまった状況下で、次の感染を防ぐために休校という選択肢は考えられなくはありません。
 しかし、酒類提供禁止の徹底がなければどのような政策をやっても無駄です。感染拡大の最大の原因だからです。

 結局、こうした感染拡大の最大の犠牲者は子どもたちです。

「なぜ五輪はできて…」運動会中止、泣き出す児童も 緊急事態の余波」(西日本新聞2021年5月14日)

「「楽しみにしていた運動会は中止することにしました」。10日、福岡市の小学校では校長が校内放送で告げた。1年生のクラスでは「えー」と悲鳴が上がり、「寂しすぎる」と泣きだす児童もいたという。40代の女性教諭は「なぜ東京五輪はできて、運動会はできないのか」と憤る。」

 子どもたちの悲痛な声が聞こえませんか。
 無責任な大人たちの犠牲者です。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  7. 7

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。