記事

「エリート気取りのバブル世代が狙われる」コロナ下で密かに進むリストラのリアル

1/2

拡大する「希望退職」という名のリストラ

“リーダー”たちの「ひとつよろしく!」政策と「根拠なき楽観」により、コロナ後の世界が見えない混沌(こんとん)とした状況が続いている。

コロナ禍(か)が長引けば長引くほど、私たちの生活への影響が拡大することはわかっていたけれど、残念ながら、想像をはるかに超える甚大な被害が出ることは、もはや避けられないだろう。

新型コロナウイルスの影響で倒産した企業は1400社を超え、GW前の2週間あまりで100社も増えた(4月30日現在。2020年2月からの累計)。一方、連日、名だたる企業の「過去最悪の赤字額」が発表されるのと並行して急増しているのが、「希望退職」という名の年長者をターゲットにしたリストラである。

2021年1~3月に早期・希望退職者を募集した上場企業は41社(前年同期23社)で、前年同期の約2倍のペースで推移。人数もすでに9505人と、前年同期(4447人)の2倍を超えた。リーマン・ショック直後の2009年(1万60人)より若干少ないとはいえ、今後はさらに増えることが予想されている。

「黒字リストラ」から「コロナ言い訳リストラ」へ進展

今回の「年長者のリストラ」がリーマン・ショック時と大きく違うのは、赤字リストラだけではなく、「コロナを言い訳にしている」企業が少なくないという点だ。

ハサミで切られたCOSTの紙を見ているビジネスマン模型※写真はイメージです - 写真=iStock.com/takasuu

新型コロナウイルスの感染拡大前から、「年長者は今のうちに切っちゃえ!」とばかりに黒字リストラする企業が増え始めていたのだが、そこに「もう無理なんでひとつよろしく!」派の赤字企業が加わり、さらに新型コロナを大義名分に、「コロナによる事業再編」だの「コロナの影響が長引きそう」だのと、希望退職のターゲット年齢を下げ、募集人数も拡大させている。

同一労働同一賃金が法制化され、70歳までの雇用義務化も実現を見据(みす)えているので、企業としてはコストがかかるベテラン社員には、「さっさとお引き取り願いたい」が本音なのだ。

だが、この人生に大きな影響を与えかねない状況を、いったいどれだけの人たちが「自分ごと」として考えられているだろうか。

「できる部類」でも安全ではない

「エリート意識といってもいいかもしれません。自分はできる人の部類に入っていると思っていたんです──」

こう話すのは原田さん(仮名)46歳。就職氷河期の厳しい就活戦線を乗り越え、大企業に正社員として就職した男性である。

原田さんは「自分さえがんばれば、時代は関係ない」という確信のもと、数年前に課長に昇進した。ところが、コロナ禍で事態が急変し、社内の不穏な動きに戸惑っているという。

「先日、長年一緒にやってきた契約社員がいきなり契約を切られてしまいました。今までうちの会社ではありえなかったことで驚いていたら、国内だけでなく、海外の支店もいくつかクローズすることがバタバタと決まり、赴任が決まっていた同僚も取り消しになり、私もそろそろかなと期待していたポジションが空かない可能性が出てきてしまったんです。

どれもこれも突然のことで、驚いたというか、ショックというか。社内の景色が変わり、自分が思い描いていたキャリアパスとか、これまで積み上げてきた足場がことごとく壊れていくようで、なんかヤバイです。

私は就職氷河期を経験しているためか変な自信があって、仕事ができる/できないで人を判断していました。エリート意識といってもいいかもしれません。自分はできる人の部類に入っていると思っていましたし、肩たたきされる上の世代のこともバカにしていました。過去の栄光で生きられるわけないだろうって。

でも、今は、自分に魔の手が伸びてくるんじゃないかと、不安になる。その一方で、『自分には関係ない』と思う自分もいて。何をどうすればいいのか、さっぱりわからなくなってしまいました」

新しいパラダイム

人間とは実に勝手な生き物で、実際に“冷たい雨”に降られないと本当の冷たさがわからないという、やっかいなメカニズムが心に組み込まれている。

それでも人は、原田さんがそうだったように「自分に迫りくる不穏な空気」を感じ取るセンサーを持ち合わせ、この感度がいいほど、困難にうまく対処でき、幸せを手に入れることができる。

パラダイム──。そう、彼は「新しいパラダイムの入り口」に立っているのである。

一般的に「パラダイム paradigm」は、「ある時代や分野において支配的規範となる物の見方や捉え方」という意味で用いられる。

この言葉を一躍有名にしたは、科学者のトーマス・クーン。彼は『科学革命の構造(The structure of scientific revolutions)』(1962年刊)の中で、パラダイムを「一般に認められた科学的業績で、一時期の 間、専門家に対して問い方や答え方のモデルを与えるもの」と定義した。

一方、「パラダイム」という用語自体は古くから使われていて、アダム・スミスは「世界を説明し、世界の動きを予測するための、共有された一連の仮説」と定義。社会学ではロバート・K・マートンが、組織や社会構造に焦点を当て、そのメカニズムを解明する用語として使っている。

また、編集者で社会心理学者のマリリン・ファーガソンは、「パラダイムは思考の枠組み」と定義したうえで、古いパラダイムを捨てない限り、新しいパラダイムを受け入れることはできないとした。

このようにパラダイムにはさまざまな定義があるが、私の解釈では「ある集団のメンバーが共通して持つ、ものごとの見方、信念、価値」だ。つまり、まったく同じものごとを見ても、集団によって受け止め方が異なるのである。

あわせて読みたい

「リストラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。