記事

5月16日(日)ムネオ日記

 今日のNHK日曜討論「与野党論戦 コロナ危機への対応は ワクチン 東京五輪は」のテーマで、各党政調会長が出席されお話しされていた。

 コロナ対応について立憲・国民・共産各党は、14日の緊急事態宣言発出について政府の判断を批判していたが、コロナウイルスについて菅総理はじめ加藤官房長官、田村厚労大臣、西村担当大臣は、専門家でもなければお医者さんでもない。行政府の最高責任者として厚労省・内閣府のそれぞれ担当である関係者の話を聞き、それを受けて政府の専門家会議にかけ、そこで専門家の皆さんの意見を聞いて決断するのが手続きである。

遅いとか、判断が甘いとか立憲・国民・共産の人は言っていたが、それならばあなた方は何か知見を持っていたのかとお尋ねしたい。何とも無責任な話である。

コロナ対策は、行政府・立法府の枠を超えて一丸となって取り組むべき問題でいいがかりみたいな話は聞きたくない。この点はっきりしておきたいものだ。

ワクチン接種にしても一日も早く済ませることが一番である。それに向かって国、各自治体が協力し合うしかない。

それなのに「7月までに出来る裏付けがあるのか」と重箱の隅をつつくような野党の話である。

オリンピックにしても時間をかけて国が取り組んできた世界平和の祭典である。

共産党のように頭から反対というのは簡単だ。しかしどうしたら安心で安全にオリンピック・パラリンピックが開かれるか徹底して詰めて行くのも開催国としての責任ではないか。

議論を聞きながら与党は、もっと自信を持って発言、発信してほしいと感じた。

日本維新の会浅田政調会長は淡々と自然体で判りやすく発言されており聞きやすかった。

「一寸真面目過ぎますね」と何件か私のもとに話があったが「真面目過ぎで丁度良いのでは、堅実な政策展開をしている証です」と答えておいた。

兎にも角にも国民一人一人が自覚と責任を持って日々送るしかない。

批判の為の批判、反対の為の反対をする共産党や立憲民主党とはしっかり一線を引いて安定政治のために邁進したい。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  4. 4

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  5. 5

    尾身氏らが提言した無観客開催 五輪ファンの生きがいが奪われるリスクは検討したのか

    山崎 毅(食の安全と安心)

    06月21日 10:53

  6. 6

    日経平均2万8000円割れ:識者はこうみる

    ロイター

    06月21日 11:44

  7. 7

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  8. 8

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  9. 9

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  10. 10

    早すぎた緊急事態宣言の解除 7月半ばに再び赤信号が点灯する予感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月21日 12:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。