記事

日展と日本芸術院

1/2

 日本芸術院の会員選考に関する改革案が概ね纏まりました。この件の端緒(の一端)を開いたのは私でして「ようやく、ここまで来たか」と感慨深いものがあります。非常にザックリ言うと「芸術界でポストを得るためにカネが飛び交う構図に歯止めを掛ける」という事です。これについては、私が映像で解説しています。以下を読みこなすのが辛い方はこちらをどうぞ(日展日本芸術院)。

 構図としては、芸術界の頂点に大御所が集う日本芸術院という文化庁の特別の機関(つまり国の組織)があり、そこから広がるピラミッドの役割を果たすのが公益社団法人日展というものです。元々、日展は官展だったのですが、1957年(!)にその腐敗ぶり、日本芸術院との癒着ぶりを国会で叩かれて日展は社団法人化します。ただ、その後も日本芸術院会員を頂点とするピラミッド構造とおカネが飛び交う構図は変わりませんでした。大まかに言って、日展入選→日展特選→日展審査員→日本芸術院賞→日本芸術院会員(→文化勲章)と登るレースが繰り広げられ、日展入選100万円、特選1000万円、日本芸術院会員1億円と言われる相場観がありました。

 そのような中、2013年秋に朝日新聞が1面大スクープを打ちます。日展5科「書」の分野で、日本芸術院会員である日展顧問が入選枠の配分を行っていた事が明らかになりました。勿論、金銭の授受ありです。この不正審査報道は大激震であり、当時の下村文部科学大臣は「徹底的に膿があるなら出し切って」とまで言っています。

 その後、かなりの紆余曲折があった中、日展改革が進みます(日展内部から相当な邪魔が入った事を窺わせました)。入選、特選のためにおカネの授受はダメだとか、それまで慣行化していた「(審査員による)下見」はダメだとか、その他色々な改革が行われました。下見というのは、お金を払って下見会に作品を出して、本番で審査員をやる方にOKを貰ったら、日展本番で入選といった悪しき慣行です。私は現職時代、これをずっと追っていました。最前線に居たものとして、当初担当官庁は結構、厳し目の答弁をしていました(特に公益法人担当の内閣府はコンプライアンスの観点から日展に厳しかったです)。

 しかし、ある時から潮目が変わりました。私は国会で継続的に質問していたので、その変化に「あれ?」と拍子抜けしたのを覚えています。特選を目指す方が、(表向き日展とは無関係の名目で)審査員予定者に渡すカネの取り纏めをする。審査員予定者が、正式任命の数日前に「錬成会」という名で事実上の下見会を行う。こういった情報提供があり、文化庁や内閣府経由で事実認定自体はしました。どう考えても、日展改革を脱法的にかいくぐる行為でありアウトだと思うのですが、これらはすべて「お咎めなし」との答弁が返ってくるようになりました(質問答弁)。「日展改革」は、脱法行為によってかなり骨抜きになり先祖返りしています。上記の質問主意書のやり取りを見ていただければ分かりますが、下村大臣の「膿を出し切って」という精神のかけらも無くなっています。

 多分、私がしつこく日展(+後述の日本芸術院)を追っているのを問題視した芸術界の一部の大御所達が、(恐らくはカネの力で)政治家を動かして、文化庁と内閣府に「程々にしておけ」と影響力を行使したのだと私は見ています。

 ここまで日展の話を書きましたが、実は日展で不祥事があったからと言って日展改革だけやればOKにはなりません。これは日本芸術院を頂点とするピラミッドの一部でしかないので、日本芸術院改革がセットにならないとダメなんです。何故かと言うと、上記で書いた通り、日展入選100万、特選1000万、日本芸術院1億という上納金を前提とするなら、一番上で1億かき集めようとする仕組みを封じないと物事は解決しません。

 何故そんな事が起きるかというと、会員の選考プロセスに問題があるのです。

【日本芸術院令】
第三条 会員は、部会が推薦し、総会の承認を経た候補者につき、院長の申出により、文部科学大臣が任命する。
2 前項の部会の推薦する者は、部会において芸術上の功績顕著な芸術家につき選挙を行い、部会員の過半数の投票を得た者とする。
(略)

 日本芸術院は第一部美術、第二部文芸、第三部音楽・演劇・舞踊でして、カネが飛び交うのは第一部です。そして、第一部は①日本画、②洋画、③彫塑、④工芸、⑤書、⑥建築の6分野からなります。上記の政令を見ていただければ分かりますが、第一部の現会員から認めてもらわないと会員にはなれないのです(現会員の過半数から投票してもらわなくてはならない)。しかも、日本芸術院会員は終身ですので鉄板の権限です。

 ここにカネが飛び交う構図があるのです。日本芸術院会員になりたい方は、現会員に対してひたすら選挙活動をしなくてはなりません。その中で金銭の要求が出て来るのです。現会員は自分がなるためにカネを使っているので、なった後は初期投資の回収をしなくてはならないという悪循環が長年続いてきました(そういう意味で現在の構図は過去の悪習を続けざるを得ないという状況でもあります)。しかも、「部」単位ですので、例えば日本画の方は日本画の現会員だけでなく、他の洋画、彫塑、工芸、書、建築の現会員にも選挙活動をする事が求められます。私はこの「進め!電波少年」の番組を見て、「ああ、音楽(松本明子さん)であっても(当時第三部部長だったと思われる)歌舞伎の中村歌右衛門さんにコンタクトするよう求められるのだ。」といい勉強になりました。

(確認できないのですが、現会員が多く住んでいる京都にはそういう選挙活動回りを効率的にやるための「タクシー」があると言われていました。そこに頼むと、最短距離で悩まずに回れるそうです。今でもあるかは知りませんが。)

あわせて読みたい

「芸術」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  5. 5

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  6. 6

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  7. 7

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  8. 8

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  9. 9

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  10. 10

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。