記事

「日本に悪路は少ないのに」なぜジープの販売台数は10年で13倍に急増したのか

1/2

ジープが売れている。日本での販売台数は10年以上右肩上がりで、2020年の販売台数は2009年の13.5倍だ。なぜ人気なのか。ジープ各モデルの試乗を体験し、自らも「チェロキー」を所有していた交通コメンテーターの西村直人さんが解説する――。

「ジープ ラングラー」の誕生80周年記念限定車
「ジープ ラングラー」の誕生80周年記念限定車 - 写真=FCAジャパン

10年以上販売台数を伸ばし続けている

包まれるような安心感はどこからくるのだろうか?

2021年、Jeepは誕生から80年を迎えた。軍用車両からスタートした米国のJeepが、この10年以上、日本で販売台数を伸ばし続けている。2020年にJeepが国内で販売した車両は1万3588台と2009年から約13.5倍も増えた。SUVに限定して計上すると、メルセデス・ベンツ(2万0263台)、フォルクスワーゲン(1万5210台)に次ぐ3位の台数だ。

日本での一番人気モデル「ラングラー」は、2021年3月に月間販売台数1123台(同年同月Jeep全体の約58.3%)を記録した。ラングラー単独で1000台/月を超えたのはこれが初めてだ。ラングラーはすっかりJeepの顔となり、2020年は5757台とJeep全体の約42.4%を占めた。

Jeepブランドの末っ子モデル「レネゲード」の販売台数も導入以来、右肩上がりだ。2020年は3881台とJeep全体の約28.6%に達した。扱いやすいボディサイズとJeepらしいアイコン的なデザイン、300万円を切る車両価格にJeep本来の魅力である走破性能が加わり人気を博す(台数は日本自動車輸入組合、及びFCA広報部の発表値)。

日本で人気のSUVと一味違う方向性

日本でJeepの引き合いが強い理由のひとつにSUV人気が挙げられる。大地をしっかり捉える大きなタイヤに、セダンよりも背が高く見晴らしの良いボディ、そして4WD(4輪駆動)方式による道を選ばない優れた走破性能は、潜在的なユーザーにとって魅力的に映る。

SUV人気は15年以上に渡って続く世界的な流れで、今や自社のラインアップにSUVを持たないブランドのほうが少ない。スポーツカーメーカーとして名を馳せるポルシェも、今やSUVである「マカン」や「カイエン」が屋台骨を支える。

日本でのSUV人気にはいくつかの特徴がある。トヨタ「ヤリスクロス」、「ハリアー」、「RAV4」、ホンダ「ヴェゼル」、マツダ「CX-5」などに共通するのは、都市型SUVともいえるスマートで、上質な装備をもつことだ。

分かりやすく日本で人気があるSUVの多くはオンロード(舗装路)での走りに重点を置き、快適な車内で目的地までの移動空間を楽しむ、そんなユーザー層に向けたモデルが多いのだ。

そうしたなかJeepである。「レネゲード」、「コンパス」、「ラングラー」、「チェロキー」、「グランドチェロキー」と日本市場でラインアップするモデルはいずれもタフなイメージが先にくる。実際、末っ子のレネゲードであっても兄貴分の各モデルに負けない優れた走破性能を持つ。

つまりJeepは、日本におけるSUV人気とひと味違う方向性を持っているわけだが、これこそJeepが日本で(も)売れ続ける大きな理由のひとつだ。

走行条件が悪いほど、安心感を与えてくれる

筆者はこれまでJeep各モデルでオンロード/オフロード(不整地路)/スノーロード(雪道)を走行する機会が各所であった。かつてチェロキーのオーナーでもあったので、どんな路面状況でも安心して走れることは身をもって体験していたが、取材の場で用意されていた各シチュエーションは別格だった。

筆者が経験してきた悪路でのジープ走行
筆者が経験してきた悪路でのジープ走行 - 撮影=FCA広報部

とうてい歩けそうもない泥濘(ぬかるみ)や、登山靴を履いていても足首を捻ってしまいそうなゴロゴロとした岩場、豪雨で滑りやすくなった山道、大人の背丈ほど草が伸びた夏場のスキー場など、元オーナーとしても躊躇してしまう走行環境ばかりだったが、いずれもじんわり、丁寧な運転操作を心掛けるだけで難なく走り切った。

そればかりか走行条件が悪くなればなるほど、Jeepは高い安心感を与えてくれる。冒頭に“包まれるような”と述べたのはこうした状況で抱いたものだ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  4. 4

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  5. 5

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  6. 6

    通常国会 説明不足のまま問答無用で閉会した菅政権に苦言

    大串博志

    06月17日 08:23

  7. 7

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  8. 8

    調布の地上被害は「陥没・空洞」だけではない リニア大深度工事への波及は必至

    郷原信郎

    06月17日 09:49

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。