記事

《使われなかったカードが100倍の高値に!?》“骨董化”する「マジック:ザ・ギャザリング」思い出のカードの現在の価値 - ジャンヤー宇都

1/2

 30代・40代にファンが多いことで知られるTCG(トレーディング・カードゲーム)が、「マジック:ザ・ギャザリング」(以下「マジック」)である。1993年にアメリカで発明され、1996年に日本語版が登場すると、TRPG(テーブルトークRPG)を遊んでいたゲーマーの間でブレイク。20世紀の終わり頃には、中高生の間でもブームになっていた。

【写真】この記事の写真を見る(25枚)

 今はもう「マジック」から離れてしまい、ただ懐かしむだけの人にも朗報がある。実はいま、「マジック」の古いカードが注目を集めているのだ。中にはびっくりするほどの高値を付けて「骨董品」のようになっているカードもあるので、もしタンスから発掘できれば、コロナ禍で苦しい家計の足しになるかもしれない。

カードは“値落ち”するのが常識だったが……

「マジック」のシングルカード価格といえば、印刷後1年~2年で値崩れするのが当たり前だった。「スタンダード」と呼ばれるフォーマット(ルール)では、古いカードから順番に使えなくなっていくからだ。この「スタン落ち」のため、「カードの価値には期限がある」というのが共通認識になっていた。

 しかし古いカードであっても、「エターナル」というフォーマットなら使うことができる。高年齢化 にしたがってエターナルを遊ぶプレイヤーが増えたためか、最近では強力カードの値段がどんどん上がっている。もちろん「マジック」を遊んでいるのは日本人だけではない。世界的な「マジック」人気がシングルカードの相場を支えている。


懐かしのカードゲーム「マジック」。現在では“骨董化”が進み価格が高騰している

 そこでここからは、「マジック」日本語版で印刷された人気カードの現在の価値を確認していきたい。今回は1996年を起点として約10年間、2006年の「ディセンション」までに印刷されたカードを対象とする。

 価格の算定にあたっては、通販サイトの価格設定のほか、ヤフオク!での成約実績も参考にした。したがって、カードの買取を行っている各種店舗に持ち込んだ場合、これよりも低い買取価格を提示されるものと思われる。

 また、カードの言語や実物の状態によって価値が変わるほか、相場は常に変動しているので、ここで表示しているものはあくまで大まかな目安である。売買はくれぐれも自己責任でお願いしたい。

基本セット第4版~第8版(1996~2003年)

 日本語版として最初に印刷されたのが「基本セット第4版」である。このセットが発売された当時は、ゲームの勝敗に応じてカードを奪い合う「アンティ」ルールが残っていた。

 一番はじめに人気になったカードは《シヴ山のドラゴン》や《セラの天使》といった大物クリーチャーだが、やり取りはカード同士の交換がメインで、シングルカード(バラ売り)を取り扱う店舗はさほど多くなかった。

 基本セットに収録され続けた強力カードといえば《神の怒り》や《ハルマゲドン》が挙がる。タンスの奥に眠っている可能性が高い定番カードなのだが、実のところこの2枚はあまり高値では取引されていない。カードの効果が強力な点に変化はないが、活躍できる環境が限られているためだ。

 日本語版基本セットの収録カードのうち、特筆すべき高値が付いているのが「第6版」の《悟りの教示者》である。希少度がアンコモン(1パックに3枚封入)でありながら、2000円程度で取引されている。これらの「教示者」系カードは効果が強力で、1999年当時も盛んに使われていたものなので、「捨てるに忍びない」と取っておいた人が多いのではないだろうか。

「ポータル」「ポータル三国志」(1997~1999年)

 初めて触れる人にとって「マジック」のルールは難解である。「マジック」の総元締である米ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社もそういう認識を持っていたようで、「入門用」を謳ったセットが数度にわたり発売されている。

 1997年の「ポータル」、1998年の「ポータル・セカンドエイジ」、1999年の「ポータル三国志」、同年の「スターター」がそれだが、メインストリームのセットと比べると売上は伸びなかった。新しく「マジック」を始めるにあたっては、友だちから手ほどきを受け、手頃なカードを譲り受けて始めるプレイヤーが多かったからだろう。

 さらには、初心者向けセットのカードは当初、公式の対戦に使うことができなかった。友だちと遊ぶためにこのセットを手にとって、歯がゆい思いをしたプレイヤーも少なくなかったことと思われる(筆者もそのひとりである)。

 しかし「ポータル」系のカードには、1万円以上の高値になっているものもある。特にすごいのが「ポータル三国志」のカードだ。レアカードの《伝国の玉璽》は一部のデッキに欠かせないものとなっており、「マジック」日本語版に封入された歴代カードの中でもトップクラスの高額で取引されている。

「ミラージュ」ブロック(1996~1997年)

 日本語版として初めて発売されたエキスパンション(基本セット以外の商品)が、1996年の「ミラージュ」である。それまでは前述の「第4版」しか日本語カードがなかったため、熱心な「マジック」プレイヤーは、英語版の最新カードと交ぜて遊んでいたという。

「ミラージュ」ブロックのカードでは、使いようによっては超強力な《ライオンの瞳のダイアモンド》が際立って高い。他にも《ファイレクシアン・ドレッドノート》など、ルール変更や新カードの収録によって強化されたカードの市場価値が上がる傾向にある。

 ただし、1996年当時はカードにスリーブ(保護具)を付けずに遊んでいるプレイヤーが多かったため、状態の良いカードが少ないのが泣きどころだ。擦り切れや傷のあるカードはそれ相応に市場価値が下がり、参考価格の半額以下になることもある。

 なお、前述した「教示者」カードは「ミラージュ」にも収録されている(《吸血の教示者》のみ「ビジョンズ」)。初版ということもあり、「基本セット第6版」に収録のものよりやや高値で売買されている。

「テンペスト」ブロック(1997~1998年)

「テンペスト」が発売された1997年といえば、TRPGを遊ぶようなコアな卓上ゲーマー以外の層にも「マジック」の浸透が始まった頃である。筆者もそうだが、スーパーファミコンやプレステで育った昭和末期生まれの男子にとって、同様に思い出深いゲームが「マジック」なのである。

 当時の人気カードといえば《呪われた巻物》と《モックス・ダイアモンド》で、特に後者が著しく値を上げている。その他、コンボデッキに使われる《適者生存》や、デッキを高速化する《裏切り者の都》といったカードにも高い値が付く。

 人気カードの値段が軒並み高いのが、「テンペスト」ブロックと、続く「ウルザズ・サーガ」ブロックの特徴である。様々なデッキに入れることのできる便利なアーティファクト・カードである《水蓮の花びら》は、コモン(パックに11枚封入)でありながら800円もする。売りには出さないとしても、持っているだけで嬉しくなる。

 また、意外なほど人気なのが《葉の王エラダムリー》と《スリヴァーの女王》で、当時の10倍以上の市場価格になっている。もしも20年前にタイムスリップできるのだとしたら、スタンダードを外れて安売りしていた「テンペスト」のカードを買い漁るのも悪くない。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  2. 2

    女性天皇と女系天皇をひとくくり 毎日の恣意的な記事に騙されるな

    和田政宗

    06月16日 21:28

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  5. 5

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  6. 6

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

  7. 7

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  8. 8

    「スポーツ界の取り組みも理解して」の誤魔化し

    諌山裕

    06月16日 14:24

  9. 9

    枝野代表の経済演説で感じた違和感

    小倉将信

    06月16日 19:37

  10. 10

    「空港は一般客とは別の専用口を用意しろ」VIP待遇を求めるIOCに怒り

    マガジン9

    06月16日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。