記事

資産形成派にとっての「資産活用」

写真:イメージ 出典:Pixabay

野尻哲史(合同会社フィンウェル研究所代表)

【まとめ】

・退職後の生活資金の引き出し方にはノウハウや戦略・戦術が必要

・「資産活用」するには「定額引き出し」より「定率引き出し」を。

・「資産運用」の出口戦略を考えるべき。

■「退職後の生活資金」の活用が一番難しい

資産活用」という言葉をご存じでしょうか。「資産形成」と対になる言葉として、筆者が退職後の生活で「お金とどう向き合っていくか」を考えるときに使っている言葉です。

「資産形成」は現役時代に退職後の生活のため、子どもの教育費のため、住宅取得のためといった、いろいろな目的のために資産を作り上げることです。最近は「資産形成」という言葉がよく使われるようになりましたから、この言葉をご承知の方も多いと思います。

こうした目的のなかで退職後の生活のための資金だけは、引き出すタイミングが他のものと異なります。教育費、住宅費などは引き出すタイミングが一度になることが多いのですが、退職後の生活資金は長い退職後の生活時期に時間をかけて引き出していくことになります。その分、引き出し方が難しくなるのです。

■資産形成の目的と引き出しタイミングの違い

▲図 出所:フィンウェル研究所作成

■資産形成が山登りなら、資産活用は山を下ること

難しい分だけ、退職後の生活資金の引き出し方にはノウハウや戦略・戦術が必要になりますので、筆者は、退職後の資産の引き出しを「資産活用」と称して、その大切さを訴求しています。

登山で考えると、「資産形成」が山を登ることで、「資産活用」は山を下りることだと思っていただければいいでしょう。62歳になる筆者も含めて50-60代はお金との向き合い方で言えば、ちょうど山の頂上付近にいる状況です。登山なら山を登る前に、下りるルートを調べておくのが当然のように、本来、「資産活用」も「資産形成」の計画を立てるときに一緒に準備すべきものなのです。にもかかわらず、多くの方はこれまであまりそのことを意識することはありませんでした。しかし、我々世代は今からでも計画は必要です。計画もなく山を下ることはかなりな危険を伴うことになります。

■現金・預金だけなら定額引出

ところで、これまであまり「資産活用」が議論されてこなかった、またはあまり意識されてこなかったのは、高齢者の資産が現金・預金に偏っていたからではないかと思います。ご承知の通り、バブル経済の崩壊を受けて土地神話が現金神話へと変わり、高齢者がその3分の2を保有している個人金融資産は、現金・預金が50%を超えています。

現金・預金が大半の資産であるこれまでの高齢者にとって「資産活用」は、あまり議論の余地のないものでした。保有している資産を自分が生きると考える年数で割って求めれば、年間に引き出せる資金額のめどが立ちます。これを「定額引き出し」と呼びます。

その金額を公的年金に上乗せして生活に充当すればいいわけで、この場合の「資産活用」の要諦はできるだけ決めた金額しか引き出さないことになります。“引き出すためのノウハウ”はほとんど要りません。それよりも引き出したお金を使いすぎないことが重要になりますから、“使うためのノウハウ”が大切になります。これが今後の日本経済にも暗い影を落とします。この点については、いつかまとめてみたいと思います。

■資産形成派の「資産活用」=引き出しながら運用を続ける考え方

ところで、読者の皆さんの資産は現金・預金だけに偏っていないと思います。今やNISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)を使った資産形成は広がりを見せていますから、読者の皆様もすでにこうした非課税制度を活用されているのではないでしょうか。

有価証券で運用をして「資産形成」をしてきた人には、現金・預金時代の「定額引き出し」は通用しません。それどころか、「定額引き出し」が運用している資産を予想外に毀損させるといった、思わぬ事態を引き起こしかねません。

▲写真 イメージ 出典:Takashi Aoyama/Getty Images

それを回避するのが、残高に対する「率」を使った引き出し方法です。一定率で引き出す「定率引き出し」とか、年齢や余命を使って予め決めた比率で引き出す「予定率引き出し」といったノウハウが海外ではよく行われています。日本でもこうしたノウハウを活用しなければならない時代になってきたといえるでしょう。

■資産運用の出口戦略

ところで、この資産の引き出しという考え方は、見方を変えると「資産運用からの出口戦略」ともいえます。一般に現役時代から資産運用をしてきた人は、「いくら作り上げるべきか」はよく議論しますが、「作り上げた資産をどう引き出すか」、「資産運用をいつ辞めるか」といったことにはあまり意識を向けていません。実はこれが先ほど言及した「山を下ること」なのです。

“運用している資産を引き出すときに、リーマンショックが来たらどうしよう”、そんな心配を多くの方が持っているはずです。少しずつ運用をやめること、すなわち少しずつ引き出すことが、退職後の生活のなかでリーマンショックが再来しても痛手を最小限にする方法なのです。引き出すノウハウは「資産活用」において非常に重要な戦略といえます。

次回は「率」で引き出すことをもう少し踏み込んで解説していきます。

(続く)

あわせて読みたい

「資産運用」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。