記事

「日本でも海外でもカーシェアは縮小中」話題のCASEにダマされてはいけない

1/2

自宅近くの3台のカーシェアが姿を消した

先日、自宅近くを歩いていてある異変に気がついた。自宅から2分ほど歩いたところに15台ほどとめられるコインパーキングがあるのだが、そこに置いてあったカーシェア用の車3台が姿を消したのだ。一体どうしたのだろうか。

自宅は湘南エリアの駅から徒歩10分ほど、戸建て住宅とマンション・アパートが混在した場所にある。ほとんどの戸建て住宅とマンションには駐車スペースがあり、車を保有している世帯が多いエリアである。

そのためか、カーシェア用の車は週末にはそれなりに稼働していたが、平日は駐車スペースにとどまっていることが多かった。平日は電車通勤で、車を所有していないマンションやアパートの住人が休みの日に利用する、というパターンが多かったのではないかと思われる。

カーシェアといえば、自動車産業の大変革を示すキーワードであるCASEの「S」であり(「C」はコネクテッド、「A」は自動運転、「S」はシェアリング、「E」は電動化)、今後自動車の利用形態の主流になるといわれているものである。

私はCASEのすべてに疑問を感じており、そのことは昨年の記事「2030年代に入っても『EVが主流になることはない』これだけの理由」にも記した。今回はあらためて「S=シェアリング」について考えてみたい。

新しい車のキーを渡す営業担当者
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/webphotographeer

最大手タイムズカーの保有台数はマイナスに転じた

日本におけるカーシェア事業のトップを走るのはタイムズカーである。なんと日本のカーシェア主要6社のうち、4分の3以上を占める。そこでタイムズカーの保有台数を調べたところ、2021年3月現在で2万6534台であった。

1年前の2020年3月の数字を見ると2万7836台で、なんと1302台も減少しているのである。ステーション数も1万3277箇所から1万3061箇所と1年間で216箇所も減っている。業界全体(主要6社)で見ても、保有台数は3万6188から3万4887台と1301台減っており、その大部分はタイムズカーであるとしても他社も全く伸びていないことがわかる。

カーシェアが話題になり始めた2010年代前半は30%を越える伸び率だったが、近年伸びが鈍化し、今年になってマイナスに転じたという状況である。コロナ禍の影響で利用が減ったのが原因なのだろうか。

アメリカ、イギリス、中国からは完全撤退

海外に目を転じるとどうだろうか。CASEという言葉を提唱したのはドイツのダイムラーであり、ダイムラーはいち早くカーシェアビジネスに参入、2008年にCar2goというサービスをドイツのウルムで開始した。BMWも2011年に追随し、レンタカー会社のSixtと組んでDriveNowというサービスを開始した。

両社とも拠点数を拡大し、Car2goはヨーロッパ各国のほか北米や中国にも進出、グローバル展開を目指した。拠点数は大きく増え、特にアメリカでは13都市で展開した。

しかし利用者は思うように伸びず、2018年にはCar2goとDriveNowは合併しSHARENOWという新会社となった。さらに事業を全面的に見直すこととなり、2020年初頭までにアメリカ、イギリス、中国からは完全撤退することになった。

進出した43都市の中で、現在も営業を続けているのはドイツ7都市を中心に欧州8カ国16都市のみである。ドイツ、イタリア以外は各国1都市のみで、どれもその国を代表する大都市である。この16都市で展開している車両数は合計1万1000台あまりで、タイムズカーの半分以下である。GMが2016年から北米で展開しているMavenというカーシェア事業も、2019年に展開していた17都市のうち8都市で撤退した。

カーシェア会社の所有の車ではなく、個人所有の車を貸し出す形のカーシェアビジネスもいくつか誕生しているが、その代表格であるアメリカのGetaround社(ソフトバンクも300億円以上出資している)も世界各国に会員数500万人を誇るが、2020年初頭には経営難となり、従業員の25%を解雇している。

このように欧米では、自動車メーカー自ら設立したものをはじめ多くのカーシェア業者が生まれたが、コロナ禍(か)の前にカーシェアビジネスは大きく縮小してしまっているのだ。

レンタカーとの比較で実際は…?

このように考えると、日本のカーシェア市場の伸び悩みもコロナ禍はきっかけに過ぎず、構造的に伸び代が少なくなっていたと考えるべきではないだろうか。それでは、なぜカーシェアビジネスはうまくいかないのだろうか。

カーシェアとは本質的にはレンタカーの新しい形態である。従来からあるレンタカーとどう違うのか。そもそも、カーシェアが今後爆発的に普及するといわれている所以(ゆえん)は、料金の安さと利用しやすさである。

まず料金を比較してみたい。

タイムズカーの場合、個人であれば毎月880円の基本料がかかる。この基本料はカーシェアを利用すれば相殺される。

利用料は一番安いベーシックグレードで15分220円、1時間で880円である。6時間までの最大料金は4290円、12時間だと5500円だ。この料金には車両も含めた保険代と燃料代も含まれる。

一方、ニッポンレンタカーで借りる場合は、同等車種の最安料金で12時間まで5500円である。ただし燃料代は含まれず、対物・車両保険を免責ゼロにするためには1日1100円の追加料金が必要だ。また最短の時間単位は6時間で、短時間のレンタルであっても6時間ぶん支払う必要がある。

このように、特に短時間の利用の場合、カーシェアの料金は非常に魅力的だ。また借り受けるための場所の選択肢もカーシェアのほうが圧倒的に多い。タイムズカーシェアのステーションが1万3000以上もあるのに対し、ニッポンレンタカーの営業所は789箇所(2021年4月1日現在)しかない。

料金と利便性は圧倒的にカーシェアが勝る。

あわせて読みたい

「カーシェアリング」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  6. 6

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  7. 7

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  8. 8

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  9. 9

    華々しい総裁選の裏で…隠蔽体質の政府与党・自民党の闇はまったく変わっていない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月23日 08:32

  10. 10

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。