記事

スパコン「京」に関する素朴な疑問

昨晩放送されたNHKのクローズアップ現代「超高速計算が起こす“新・産業革命”〜スパコン「京」のひらく未来〜」を見た。本来ならば「スパコンを使ったシミュレーションを使えば...」と一般名詞を使うべき部分をことごとく「京を使えば...」と言い換えているため、すっかり「ちょうちん番組」に成り下がっている。

「なぜ京なのか?」という部分が私には全く伝わって来なかったのだが、この番組を見た人の大半の人は、「京ってすごい。事業仕分けなんかしなくて良かった」と感じたに違いない(というか、そうなるように作られている)。

この番組を見て、私の頭の中には以下のような疑問が次々と浮かんだのだが、この番組はこれらの疑問に答えていないどころか、疑問を提示すらしていないのが何とも残念だ。

  • 本当に大量の税金をつぎ込む価値があるのか?税金を使うにしても、もっと別の方法があるのではないか?
  • 無料で京を使わせてもらえる研究機関や企業は喜ぶのは分かるが、本当のコストはどのくらいかかっているのか?アマゾンより安いのか?
  • 京向けに書いたシミュレーション・プログラムは他のスパコンでも走らせることができるのか?世界中の研究者がシミュレーションプログラムをオープンソースの形で進化させて行くという今の次回にマッチしたアーキテクチャなのか?
  • 専用のスパコンに投資するより、GPGPUを搭載した汎用サーバーをクラウドに大量においてサービスとして提供し、ニーズに応じて台数を増やしていった方がはるかに安いし柔軟性があるのではないか?
  • 京を使えば6時間で出来ると言っても、その時間を確保するのに6ヶ月かかるんだったらアマゾンからGPGPU付きのサーバーを1000台借りて数日間走らせた方が手っ取り早くないか?
  • 日本のIT業界の将来を考えれば、スパコンで1位を取ることよりも、世界市場でアマゾンのAWSとまっこうから戦えるサービスを提供できる日本企業が存在しないことを問題視すべきではないか?
  • 「京の活用のため」という名目で新たな天下り先を作っていないか?政治家はちゃんと監視しているのか?
  • そもそも、こんな疑問を持つのは私だけなのか?なぜこの業界の技術者たちは、この手の疑問を投げかけないのか?「業界に流れ込むお金に水をさすようなこと」をわざわざ言ってはいけないという空気があるのか?これでは(原発の安全神話を作り出した上に、事故後にも事故の影響を故意に小さく見せて福島の子供たちを被曝させてしまった)原子力業界と同じではないのか?

「京」に関しては、業界内にも色々な意見があってしかるべきなので、ぜひとも賛成・反対両方の意見を聞きたいと思う。コメント欄は自由に使っていただいて構わない。

あわせて読みたい

「スーパーコンピュータ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。