記事
  • ロイター
  • 2021年05月15日 00:35 (配信日時 05月15日 00:34)

米鉱工業生産、4月は製造業が0.4%上昇

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が14日発表した4月の鉱工業生産統計は、製造業生産指数が0.4%上昇だった。寒波により2月に南部で稼働停止していた工場が再開したことが押し上げ要因で、自動車生産の低下を相殺した。市場予想と一致した。

3月は3.1%上昇していた。

製造業生産は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を小幅に下回る水準を維持している。

FRBは「主要な押し上げ要因は、南中央部を襲った寒波により2月に稼働停止し、3月も停止していた工場が再開したことだ」と述べた。「2月の鉱工業生産の落ち込みと、その後の3月の持ち直しは、先月の発表よりも大きかった推定される」とした。

米経済の11.9%を占める製造業は、大規模な景気刺激策と、パンデミックによる需要のサービスからモノへの移行が押し上げ要因となっている。ただモノの需要急増に伴い原材料が不足した。また、新型コロナ危機により一部の人が依然働きに出ていない状況で、供給網の混乱の一因となっている。

半導体チップが世界的に不足していることで自動車メーカーは生産削減を余儀なくされている。製造業生産指数のうち自動車・同部品は4.3%低下した。自動車を除く製造業生産指数は0.7%上昇だった。

鉱工業生産統計のうち公益事業は2.6%上昇、鉱業は0.7%上昇した。全体の鉱工業生産指数は0.7%上昇。3月は2.4%上昇していた。

企業がどれだけ資源をフル活用しているかを示す稼働率は、製造業が74.1%と、3月の73.8%から上昇。全体の稼働率は0.5%ポイント上昇の74.9%だった。1972─2020年の平均を4.7%ポイント下回っている。FRB当局者は、経済のスラック(需給の緩み)を見極める指標として稼働率に注目している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。