記事

セクハラ、パワハラが横行する業界を変えるか? Netflixのリスペクト・トレーニング

1/2
Netflixオリジナル「今際の国のアリス」 (c)麻生羽呂・小学館/ROBOT

Zoomの画面に今日のセミナー参加者の顔が映し出される。初めて受けるセミナーだからか、皆少し緊張した表情だ。集まっているのは、Netflixのオリジナル作品「ヒヤマケンタロウの妊娠」の制作チーム。スタッフ、プロデューサー、有名な俳優の顔もある。

「上の立場の人が『仕事の後飲みにいかない?』と誘う。断ると『断るの? 君の仕事なくなるよ』と言われる。こんなケースについてどう思いますか? チャットに書いてください」

講師が柔らかく問いかける。

「ハラスメントだと思います。側から見ていても気持ちがいいものではない。でも誘っている方は気付いていないのかもしれない」という女性からのチャットへの書き込みがある。

講師はさらに対話を促す。

「気付いてもらうには、どうアクションしますか? ハラスメントと言いにくいなら、『さっきの行動は相手に対するリスペクトがないように思います』、そう話すのはどうでしょう?」

これはNetflixのオリジナル作品に導入している「リスペクト・トレーニング」の講習だ。

ハラスメントを未然に防ぐための講習で、どんな立場の人も、プロデューサー、監督、スタッフ、キャスト、全員が受けないと撮影は原則始まらない。#metoo以降、ハリウッドでもハラスメントに関連したトレーニングが盛んだが、全世界で100か所以上ある制作現場に導入するのはNetflixが初めてだ。日本では「全裸監督」以降、全てのNetflixオリジナル製作作品(制作費を出資する作品)で実施している。

ハラスメントを立ち止まらせる筋肉を作るトレーニング

講師は次の事例を出す。

「『二人で芝居の練習をしよう』こういうのはどうでしょう?」

場面は、エンタメの現場でありそうなことばかりだ。自分の体験を語り出す人が出てくる。

「私の場合、編集作業の経験ですが、場所次第ではないでしょうか? ビジネスホテルで缶詰になるのではなく、会社の会議室でやるべきかと思いました」

「二人きりである必要はないですよね。誤解を招く状況になる」

いくつか意見が出た後に講師が意見をまとめていく。

「相手が恐怖心を抱かないような場所の設定をするのも、リスペクトになりますよね」

通常のハラスメント講習と違い、「リスペクト」という言葉が何度も出てきて新鮮だ。リスペクト・トレーニングの狙いをNetflix プロダクション・マネジメント部門 小沢禎二さんはこう表現する。

「通常のハラスメント講習との違いは、ハラスメントの白黒を伝えるトレーニングではないことです。あなたの行動に相手に対するリスペクトはありましたか? と問いかけて、立ち止まって考える筋肉を作るトレーニングです」

講師は「業界にありがちな例」をあげて、参加者に発言を促す。誰もがその光景に覚えがあるし、自らの過去を振り返り、冷や汗をかいている人もいるかもしれない。

表現の現場調査団」の調査発表によれば、調査に回答した1449人のうち、過去10年以内に「(何らかの)ハラスメントを受けた経験がある」と答えたのは1195人だった。エンタメ、アートなどの業界にセクハラ、パワハラが横行しているのがわかる(表現の現場ハラスメント白書 2021より)。

講師は法律上明らかにNGな部分、例えばハラスメントの通報者への報復禁止、体で触ってはいけない部位、などについては明確に伝えた後、現場の事例をもとに参加者に発言を促す。場が温まると、どんどん意見が出てくる。

「あだ名を全部禁止するのは極端じゃないか」

「お酒の席でぶっちゃけ話をするのが必要な時もある。誘って断られた時は、なんでだよと思った。お酒や食事の場は大事だと思うけれど、誘い方や場の作り方が難しい。今も迷うところだ」

「韓国の現場で、昼食夕食時に、スタッフ、キャストが鍋を突いてコミュニケーションを取る食事時間が設けられていて、終わった後飲みにいくのがなかった。健全だなと思った。業務上必要なコミュニケーションはゆとりと時間があればできるんじゃないか?」

意見は出ても、必ずしも正解があるわけではないので皆がモヤモヤすることもある。しかしそこが狙いなのだ。研修を実施するピースマインド社の荻原英人社長はいう。

「明日から現場がガラッと変わるかと言うとそうではないかもしれませんが、意見を交わし合うことが重要です。リスペクトという言葉を使って、対話し、気づきのきっかけの場を作っています」

ピースマインドは、Netflixの依頼で日本でのリスペクト・トレーニングを共同で開発し、提供している1社だ。1時間の講習の最後に今日の感想を皆が話し合う時間があった。

「10年前からこの業界にいます。新人の頃はいじってもらってナンボで、そうやって仲良くなってきた。でも時代は変わった。どう仲良くなったらいいのか、考える時間でした」

年上の男性からも「ハラスメント、パワハラ、セクハラが横行してきた業界。苦しむ人も見てきたし、やめちゃった人もいた。オープンに話ができてよかった。でも自分もやっていないかといえば危うい。こういう講習は初めてで貴重な機会だった」という。

Netflix 小沢禎二さんは「トレーニングを受けた後、撮影中の現場でリスペクトという言葉が使われるようになった」と効果を語る。

「撮影中の現場をのぞいた時に、男性スタッフが自分の部下である女性スタッフのことをちょっと茶化したりしたんです。その時に、周りにいたスタッフが『それってリスペクトがないじゃない?』って言ったんですよね。周りのみんなが『そうだそうだ』となって、言われた本人も『すみません。僕リスペクトがありませんでした』となりました」

他にも「明るい会話が生まれた」「日常でリスペクトについて意識するようになった」という声がある。また、Netflixオリジナル作品以外にも、広がりがある。白石和彌監督は、リスペクト・トレーニングを知って、希望して「孤狼の血II(仮題)」に導入し、ピースマインド社が実施した(「変わらなければ日本映画に未来はない」白石和彌監督が映画『孤狼の血』続編で実践した“リスペクト・トレーニング”とは)。他社の作品だが、Netflixはこのトレーニングが広がり、日本の業界の環境が変わることを歓迎している。

あわせて読みたい

「Netflix」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。