記事

インド型の変異株 ウイルス専門家が語る「日本で広がる可能性」は

インドでは感染者が急増し医療が崩壊状態に(EPA=時事)

 インドでは新型コロナの感染者が急増し、5月9日の時点で1日の新規感染者が約40万人、同死者数が約4000人にまで達し、世界中のメディアが医療崩壊の惨状を伝えている。日本政府はインド、パキスタン、ネパールからの入国者について、入国後の施設隔離期間を6日間に延長していたが、さらに14日0時からは同3か国に過去14日以内に滞在していた外国人について、入国を原則拒否することを決めた。水際対策を強化しているが、実効性は未知数だ。

 インドで大流行しているのがインド型と呼ばれる変異株(「L452R」と「E484Q」の2つの変異)で、すでに日本国内でも21例(4月27日時点)が確認されている。

 インドの累計感染者数は2300万人で、アメリカに次いで世界第2位。だが、人口が14億人近いインドだけに、累計の感染者数は人口比で言えば1.7%と少ない。アメリカ(累計感染者数3280万人は人口の約10%)やフランス(同580万人は人口の約8.6%)、イギリス(同450万人は人口の約6.75%)など欧米諸国に比べれば低く抑え込まれていたと言える。

 総じてアジアの国々は、欧米諸国と比較して被害が小さく、新型コロナに強い「ファクターX」なる何かで守られているのではないかと言われてきた。ところが、このインド型変異株が生まれると、今年3月ごろからインドでは感染が爆発的に増え、前述したように1日に40万人もの新規感染者が出ている。

 日本では関西でイギリス型変異株(N501Y)が主流になり全国に広がりつつあるが、現在のインドの状況を見て、「日本でもインド型変異株が流行れば、インドと同じ状況になるのではないか」という不安が広がっている。

 このインド型変異株は、どれほど警戒すべきものなのか。『コロナ脳』『京大 おどろきのウイルス学講義』などの著書・共著書が話題の京都大学ウイルス・再生医科学研究所、宮沢孝幸准教授にインド型変異株の脅威について訊いた。

「インドで感染爆発が起きていると報道されていますが、増えたといってもイギリスやアメリカ、ドイツなどのピーク時に比べれば全然少ない(*)。感染者急増でPCR検査が追いつかなくなっているともいわれていますが、それを含めても欧米諸国の水準には達していないと考えられます」

【*注:人口100万人当たりの1日の新規感染者数(7日間移動平均)のピークで比較すれば、インドは283人であるのに対し、イスラエルは996人、イギリスは881人、フランスは825人、アメリカは756人(Our World in Data参照)】

 宮沢准教授が続ける。

「これから他の国でインド型変異株が流行るのかも不明です。(同型の変異株は)日本を含め、すでに世界19か国で確認されていますが、今のところ既存の株に置き換わるほど感染が拡大しているという事実はありません。

 一般論として、変異して弱毒化したウイルスのほうが、感染が広がりやすい。強毒化すると宿主がすぐに発症して寝込んで動けなくなったり、死んだりするので、ウイルスをばらまけなくなるからです。だから、もしインド型変異株が置き換わって流行るのなら、弱毒化している可能性が高い。日本で増えているイギリス型変異株も、感染率や重症化率が高いと言われていますが、陽性者は増えている一方で、発症率は下がっています」

 大雑把な計算だが、インドの1日当たりの新規感染者数が40万人で同死者数が4000人であれば、致死率は1%。同じ計算方法で比較してみると、たとえば、アメリカの新規感染者ピークは2021年1月12日の約25万人で、この日の死者数は約3400人なので同1.4%、ブラジルのピークは2021年3月26日で感染者約7万6000人に対し死者は約2400人で、同3.2%である(Our World in Data参照)。

 しかし、仮に弱毒化して重症化率や致死率が下がっていたとしても、感染者が大幅に増加すれば、それに伴って重症者や死者の絶対数が増える事態は避けられなくなる。宮沢准教授は昨年来、ウイルスに曝露される量を100分の1にすれば感染は防げるとする「100分の1作戦」を提唱し、「石鹸は不要だが、こまめに手を水洗いする」「エアコンをかけていても換気する」といった対策を推奨している。

 緊急事態宣言も3度目ともなれば、世の中の空気が緩むのは避けられない。変異株の流行には改めて気を引き締め直し、実効性のある感染対策を徹底する必要があるだろう。

◆取材・文/清水典之(フリーライター)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス(変異株)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  7. 7

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。